HubrisOne - 仮想通貨にフレンドリーな当座預金口座

HubrisOneは、シンプルで革新的でユーザーフレンドリーなプラットフォームを使用して、仮想通貨とブロックチェーンテクノロジーの採用を増加させます。私たちは、お客様が即座にブロックチェーンクロス国境を越えた送金、複数通貨の銀行口座、仮想通貨財布などに簡単にアクセスできるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HBRS
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-05-31
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of HubrisOne?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    HubrisOneチームはHubrisOneアプリケーションとインフラストラクチャ内で、Hubris Token(HBRS)と呼ばれる機能的なユーティリティトークンを導入しています。価値の保存、資金の移転、プラットフォームへのアクセス、割引を受け取り、 HubrisOneデビットカードとの併用によるお支払い方法として使用できます。新しいソリューションが支配していない膨大な市場機会があります。 私たちは、世界の銀行利用できない20億人の人々に、簡単で手頃な銀行ソリューションを提供しています。メンバーシップ料金、仮想通貨貸出サービス、オープンパートナーマーケットプレイスなどのいくつかの収益源によって、堅牢なビジネスモデルを確立します。

    チーム すべてを見る

    Jack Brown
    Jack Brown
    STRATEGIC ADVISOR
    Chuck Schrank
    Chuck Schrank
    STRATEGIC ADVISOR
    Bill Barraugh
    Bill Barraugh
    STRATEGIC ADVISOR
    Andre Omo-Osagie
    Andre Omo-Osagie
    STRATEGIC ADVISOR
    Jillian Godsil
    Jillian Godsil
    BANKING & FINTECH
    Rick Tapia
    Rick Tapia
    STRATEGY ADVISOR

    人気STO/ICO記事

    • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

      仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
    • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

      世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー
    • ビットポイント、ハッキングで資金流出

      日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・