HetaChain - トレンディな第3世代ブロックチェーンプラットフォーム

Hetachainは、検閲、詐欺、休止時間、または第三者発生額のない分散アプリの導入を可能にする、工業規模の計算能力を備えた先進的な高性能ブロックチェーン3.0です。 次の産業革命4.0に世界を導くことに焦点を当てた商業ベースで動作する能力を持っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
HETA
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of HetaChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HETACHAINは、長年にわたるスケーラビリティのジレンマに対応し、業界規模の取引用に構築された真に民主的なプラットフォームを推進するとともに、プライベートユーザー向けに独自に設計された超高速DPoS + BFTハイブリッドブロックチェーンネットワークです。マルチチェーンシステムによる公的および個人的な採用重視のデザインの融合を特徴とする一連の機能により、ユーザーはHETACHAINをパブリックおよびプライベートブロックチェーンの両方を使用できます。

HETACHAINエコシステムはスマートコントラクト、Hetacoin、Hetaウォレット、Hetaアプリストアとスマートバンキング、ヘルスケア、電子商取引、貿易、データ管理、投資、現金交換、送金などの分野での適用性を強化するブロックチェーン機能イネーブラーと包括的なソリューションで構成されています。

ネットワークの混雑、低速なトランザクション、高いネットワーク料金、高エネルギー消費は、第1世代および第2世代のブロックチェーン技術と同義語になりました。 HETACHAINの第3世代ブロックチェーンテクノロジーは、スケーラビリティの問題の解決、1秒あたりのトランザクション数増加、エネルギー効率工場により、ブロックチェーン技術を大量採用に近づけることができます。

チーム すべてを見る

Sultan Ali Lootah
Sultan Ali Lootah
Co-founder, Chairman & CEO
Duy Phuong Nguyen
Duy Phuong Nguyen
Co-founder, Vice-Chairman & COO
Abdulla Ali Lootah
Abdulla Ali Lootah
Co-founder
Hong Phuc Do
Hong Phuc Do
Co-founder & CSO
Mohammad Ahli
Mohammad Ahli
Co-founder
Ali Juma Alajme
Ali Juma Alajme
Co-founder

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[