HetaChain - トレンディな第3世代ブロックチェーンプラットフォーム

Hetachainは、検閲、詐欺、休止時間、または第三者発生額のない分散アプリの導入を可能にする、工業規模の計算能力を備えた先進的な高性能ブロックチェーン3.0です。 次の産業革命4.0に世界を導くことに焦点を当てた商業ベースで動作する能力を持っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
HETA
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of HetaChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HETACHAINは、長年にわたるスケーラビリティのジレンマに対応し、業界規模の取引用に構築された真に民主的なプラットフォームを推進するとともに、プライベートユーザー向けに独自に設計された超高速DPoS + BFTハイブリッドブロックチェーンネットワークです。マルチチェーンシステムによる公的および個人的な採用重視のデザインの融合を特徴とする一連の機能により、ユーザーはHETACHAINをパブリックおよびプライベートブロックチェーンの両方を使用できます。

HETACHAINエコシステムはスマートコントラクト、Hetacoin、Hetaウォレット、Hetaアプリストアとスマートバンキング、ヘルスケア、電子商取引、貿易、データ管理、投資、現金交換、送金などの分野での適用性を強化するブロックチェーン機能イネーブラーと包括的なソリューションで構成されています。

ネットワークの混雑、低速なトランザクション、高いネットワーク料金、高エネルギー消費は、第1世代および第2世代のブロックチェーン技術と同義語になりました。 HETACHAINの第3世代ブロックチェーンテクノロジーは、スケーラビリティの問題の解決、1秒あたりのトランザクション数増加、エネルギー効率工場により、ブロックチェーン技術を大量採用に近づけることができます。

チーム すべてを見る

Sultan Ali Lootah
Sultan Ali Lootah
Co-founder, Chairman & CEO
Duy Phuong Nguyen
Duy Phuong Nguyen
Co-founder, Vice-Chairman & COO
Abdulla Ali Lootah
Abdulla Ali Lootah
Co-founder
Hong Phuc Do
Hong Phuc Do
Co-founder & CSO
Mohammad Ahli
Mohammad Ahli
Co-founder
Ali Juma Alajme
Ali Juma Alajme
Co-founder

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数