GreenLink - 持続可能性とソーシャル変革の推進

消費者、ブランドオーナー、認証機関を1つのエコシステムに統合するブロックチェーン上のデジタル認証プラットフォームとロイヤルティ報酬プログラム。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IMPACT
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-09-30
初回価格
1 IMPACT = 0.000045 ETH
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of GreenLink?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GreenLinkは、社会的責任基準を高める分権型の信頼プロトコルです。ブロックチェーンを活用したGreenLinkは、持続可能性の概念を中心に世界で初めてのプロトコルです。

消費者向け

消費者は製品の起源を容易に追跡し、当社のプラットフォームから製品情報を検証することができます。彼らは、各製品の後にあるユニークなラベルやQRコードを探して、オンラインや店頭のブランドや製品の物語、旅、そして影響を発見することができます。アプリを通じて製品とブランドに関する情報をサポートし、検証する措置を講じることで、エコ認定を受ける企業を支援するIMPACTトークンが報酬を受けます。

企業向け

多くの消費者は製品の生産地を知りたいです。私たちは、消費者に製品とブランドの真正かつ信頼できる情報を提供し、より良いブランドストーリーを伝えるために企業がブロックチェーン上でエコ認定を受けられるよう支援したいと考えています。

規制機関および認証機関向け

私たちは、認証機関と持続可能性基準組織と協力して、デジタル認証とビジネス署名者を促進するブロックチェーン対応プラットフォームを構築しています。 IMPACTトークンのおかげて、保存されたデータにいつでも簡単にアクセスして検証することができます。

チーム すべてを見る

Walter Oh
Walter Oh
CEO & Co-founder
Weng Fai Wong
Weng Fai Wong
CTO & Co-Founder
Andrew Lim
Andrew Lim
COO & Co-Founder
Jasper Wong
Jasper Wong
Head Of Accounting Legal & Finance
Astelle Chew
Astelle Chew
Sales & Business Development
Wen Li Teo
Wen Li Teo
Creative & Branding

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。