GreenLink - 持続可能性とソーシャル変革の推進

消費者、ブランドオーナー、認証機関を1つのエコシステムに統合するブロックチェーン上のデジタル認証プラットフォームとロイヤルティ報酬プログラム。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IMPACT
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-09-30
初回価格
1 IMPACT = 0.000045 ETH
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of GreenLink?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GreenLinkは、社会的責任基準を高める分権型の信頼プロトコルです。ブロックチェーンを活用したGreenLinkは、持続可能性の概念を中心に世界で初めてのプロトコルです。

消費者向け

消費者は製品の起源を容易に追跡し、当社のプラットフォームから製品情報を検証することができます。彼らは、各製品の後にあるユニークなラベルやQRコードを探して、オンラインや店頭のブランドや製品の物語、旅、そして影響を発見することができます。アプリを通じて製品とブランドに関する情報をサポートし、検証する措置を講じることで、エコ認定を受ける企業を支援するIMPACTトークンが報酬を受けます。

企業向け

多くの消費者は製品の生産地を知りたいです。私たちは、消費者に製品とブランドの真正かつ信頼できる情報を提供し、より良いブランドストーリーを伝えるために企業がブロックチェーン上でエコ認定を受けられるよう支援したいと考えています。

規制機関および認証機関向け

私たちは、認証機関と持続可能性基準組織と協力して、デジタル認証とビジネス署名者を促進するブロックチェーン対応プラットフォームを構築しています。 IMPACTトークンのおかげて、保存されたデータにいつでも簡単にアクセスして検証することができます。

チーム すべてを見る

Walter Oh
Walter Oh
CEO & Co-founder
Weng Fai Wong
Weng Fai Wong
CTO & Co-Founder
Andrew Lim
Andrew Lim
COO & Co-Founder
Jasper Wong
Jasper Wong
Head Of Accounting Legal & Finance
Astelle Chew
Astelle Chew
Sales & Business Development
Wen Li Teo
Wen Li Teo
Creative & Branding

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー