Devery - 製品を追跡して検証する

開発者がブロックチェーン検証テクノロジを統合するための分散プロトコル。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EVE
開始日時
2017-12-15
終了日時
2018-01-19
最高目標
10,000,000 USD
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of Devery?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Deveryはオープンソースの製品検証のプラットフォーム。
Eコマースの取引において、製造時につけたラベルを販売者がDeveryプラグインに登録することで、製品が本物かどうか消費者が確認できます。

技術

Devery protocolはメーカーのイーサリアムウォレットアドレスを使用してEVE token(キー)を生成。このキーはメーカーがUnique ID発行して利用する取引費用の支払いに使用され、IDはNFCチップ、ラベルまたはQRコードに印刷、製品に付加されます。

イーサリアム技術を利用することによりID情報・変更履歴などはDeveryブロックチェーン上で安全に管理されます。Devery自体はオープンソースで作成されGithubに公開予定。

サービス内容

  • メーカー:Deveryを使い、製品ごとにタグをつけることで製品が本物であることを証明可能。また偽造品製造を抑止。
  • Eコマース販売側:Deveryを使い製品のタグを登録することで販売している製品が本物であることを証明可能。
  • Eコマース購買側:Deveryプラットフォーム上で購買・運搬時に製品が偽造品でないことを確認可能。

私達が提供するもの

あなたの商品のデジタルパスポート

ブロックチェーン上にあなたの製品のデータとアイデンティティの個々の不変の記録を作成します。これらの記録は世界中の製品を正確に識別するために使用することができます。

商品の真正性を個別に追跡

各製品は、ユニークなIDで記録および追跡できます。 消費者は購入した各製品の履歴を読むことができます。

来歴を証明し、偽造を防ぐ

本物の製品は、ブロックチェーン上のユニークなIDでタグ付けすることができます。消費者にユニークなデジタルシールを提供し、購入品が所有者によって本当に製造されて、認可された小売業者によって売られることを表します。

安全な確認を通して顧客とのやり取りを改善

購入前に製品の正当性を透明的に確認し、ブランドの信頼と評判を向上させることで、顧客とセールスエンゲージメントを高めます。

仕組みとは?

プロトコル層

開発者はプロトコルを統合して、製品を個別に識別、追跡、検証することを可能にします。 Devery Protocolは、誰でもEthereumパブリックレジャーに製品情報を記録して読むことを可能にし、分散デジタル製品パスポートを効果的に有効にします。

分散アプリケーション

開発者は、Deveryプロトコルを統合し、機能を利用したり、ブランドや企業が本物の製品を使用してカスタマイズされたブランドエクスペリエンスを提供し、顧客ロイヤルティとエンドユーザーインタラクションを向上させることができます。 Deveryプロトコルは、ブロックチェーン上に検証アプリケーションを構築することの複雑さを抽象化した分散層です。

イブの生態系

Deveryは、Devery Protocolを介して相互にリンクしている第三者検証者のエコシステムを許可します。 開発者は、それぞれの専門市場向けにデータを格納するための特殊アプリケーションを作成して、要件に合わせてカスタマイズされた柔軟なソリューションを提供できます。

EVEトークンとは?

EVEは、製品検証サービスのためのDeveryプロトコルを支えるユーティリティトークンです。 このトークンは、Deveryエコシステムのミクロコズム内での検証のための燃料として機能します。 EVEは、プロトコル層の上に構築されているサービスと同様に、プロトコル機能を利用するために使用されます。

EVEは、Ethereumブロックチェーン内で機能するERC20トークンです。

チーム

Andrew Rasheed
Andrew Rasheed
Founder & Product Lead
Chironjit Das
Chironjit Das
Community and Finance
Jamal Ali
Jamal Ali
E-commerce Specialist
Bokky Poobah
Bokky Poobah
Technical Advisor
John Shi-Nash
John Shi-Nash
Advisor

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ