GreenLink - 持続可能性とソーシャル変革の推進

消費者、ブランドオーナー、認証機関を1つのエコシステムに統合するブロックチェーン上のデジタル認証プラットフォームとロイヤルティ報酬プログラム。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IMPACT
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-09-30
初回価格
1 IMPACT = 0.000045 ETH
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of GreenLink?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GreenLinkは、社会的責任基準を高める分権型の信頼プロトコルです。ブロックチェーンを活用したGreenLinkは、持続可能性の概念を中心に世界で初めてのプロトコルです。

消費者向け

消費者は製品の起源を容易に追跡し、当社のプラットフォームから製品情報を検証することができます。彼らは、各製品の後にあるユニークなラベルやQRコードを探して、オンラインや店頭のブランドや製品の物語、旅、そして影響を発見することができます。アプリを通じて製品とブランドに関する情報をサポートし、検証する措置を講じることで、エコ認定を受ける企業を支援するIMPACTトークンが報酬を受けます。

企業向け

多くの消費者は製品の生産地を知りたいです。私たちは、消費者に製品とブランドの真正かつ信頼できる情報を提供し、より良いブランドストーリーを伝えるために企業がブロックチェーン上でエコ認定を受けられるよう支援したいと考えています。

規制機関および認証機関向け

私たちは、認証機関と持続可能性基準組織と協力して、デジタル認証とビジネス署名者を促進するブロックチェーン対応プラットフォームを構築しています。 IMPACTトークンのおかげて、保存されたデータにいつでも簡単にアクセスして検証することができます。

チーム すべてを見る

Walter Oh
Walter Oh
CEO & Co-founder
Weng Fai Wong
Weng Fai Wong
CTO & Co-Founder
Andrew Lim
Andrew Lim
COO & Co-Founder
Jasper Wong
Jasper Wong
Head Of Accounting Legal & Finance
Astelle Chew
Astelle Chew
Sales & Business Development
Wen Li Teo
Wen Li Teo
Creative & Branding

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本