Fanfare - 世界初のブロックチェーンを活用したソーシャルコマースコミュニティ

消費者が作成したビデオをブランド向けインスタント買い物可能なビデオに作成、編集、変換するためのコミュニティベースの両面プラットフォームで、Fanfareはソーシャルコマースを可能にする目的で設計されています。 そのビルディングブロックは、最初からソーシャルコマースと購入可能なビデオを念頭に置いて考案され、作成されています。 特徴と機能性は、ブランドが消費者との関係を拡大して信頼性、親しみやすさ、積極性を維持できるように、ブランドと消費者がより密接につながります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FAN
開始日時
2018-08-17
終了日時
2018-10-31
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 FAN = 0.0001 ETH
トークン供給数
990,000,000
公式サイトへ Owner of Fanfare?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率45.25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ERC-20ファンファートークン(FANトークン)を使用したFanfareエコシステムは、コンテンツ制作者、消費者、ブランドがFANトークンを通じて価値の交換を通じて密接につながるソーシャルコマースエコシステムを構築しています。    FANトークンは、ユーザーが作成したビデオを購入可能なビデオに変換することによって、コンテンツクリエイターの報酬の仕組みとしてブランドによって使用されます。これにより、すべてのユーザー生成ビデオは、ブランドのPOS(point-of-sale)になる可能性があるため、ソーシャルプラットフォーム全体が製品の市場になります。    ユーザーは、友人や他の消費者によって作成されたビデオの視聴に費やされる時間に対しても奨励されるだろう。ユーザーは、Fanfare eStoreから商品を購入するために、受け取ったファントークンを使用することができます。    Fanfare eStoreから製品を購入する消費者は、魅力的な割引や追加報酬の恩恵を受ける可能性があります。    シンガポールに本社を置くFanfare Global Pte Ltdは、このFanfareエコシステムを作成しました。    同社は、メディア、法律、マーケティング、ファイナンス、投資のバックグラウンドから数十年の経験を持つ連続起業家、成功した事業主および専門家によって管理されており、投資会社の支援も受けています。    私たちはすでに、最も包括的な集中化されたソーシャルコマースのプラットフォームである「The Fanfare App」を構築しました。

チーム すべてを見る

Wulf Kaal
Wulf Kaal
Advisor
Ralph Liu
Ralph Liu
Advisor
Gabriel Morey
Gabriel Morey
Advisor
Ben Tuff
Ben Tuff
Advisor
Lee Young Mo
Lee Young Mo
Advisor
Brett Johnson
Brett Johnson
Advisor

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)