Golem - ワールドワイドスーパーコンピュータ

Golemは誰でもアクセスできるグローバルなオープンソース分散型スーパーコンピュータです。 パーソナルラップトップからデータセンター全体まで、ユーザーのマシンの能力を組み合わせたものです。誰でもGolemを使って、レンダリングからリサーチ、ウェブサイトの運営まで、考えられるあらゆるプログラムを分散型で安価な方法で計算することができます。Golemネットワークは、誰でもコンピューティングパワーを借りたり、ソフトウェアを開発したり、販売したりできるコンピューティングパワーの分散型シェアエコノミーです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GNT
開始日時
2016-11-13
終了日時
2016-11-13
調達金額
$8,000,000
トークン供給数
820,000,000
公式サイトへ Owner of Golem?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Golemは誰もがアクセスできる分散型のスーパーコンピューターです。Golemは幅広く活用することができCGIレンダリングから機械学習までユーザーの目的により多種多様です。まさにコンピューターの処理能力のシェアリングエコノミーを柔軟で、安全で、安価な形で提供しております。ユーザーは必要なだけネットワーク上のコンピューターを使うことができ、対価としてGNT(Golem Network Tokens)を支払います。Golemはイーサリアムが基の取引システムを使っているためすべての処理はsandbox環境でホストシステムから離れた環境で実行されます。

特徴

Golem開発チームのコミットメント

最初の開発利用の実例はGolemチームによるCGIレンダリングでした。これは拡張性の高さをソフトウェアディベロッパーに紹介する意味で有益なケースとなりました。通常であれば大きなクラウドサーバーや膨大な処理能力を使用するために高い利用料が発生しますが、Golemネットワーク上の提供者から安価で提供を受けることができたためCGI制作者の利用を促すものとなりました。

エコシステム利用のインセンティブ

Golemネットワーク内ソリューション利用者、ハードウェア提供者、ソフトウェアディベロッパーそれぞれにとって十分なインセンティブがあります。

ソリューション利用者はリーズナブルな価格で拡張性の高いソリューションをハードウェア、ソフトウェアのどちらでも利用することができます。ハードウェア提供者は貸与可能なほとんどの種類のハードウェアを貸すことで対価を得ることができます。ソフトウェアディベロッパーにとってはソフトウェアの拡販チャネルとしてマネタイズもできることが魅力です。

チーム すべてを見る

Julian Zawistowski
Julian Zawistowski
CEO, founder
Piotr ‘Viggith’ Janiuk
Piotr ‘Viggith’ Janiuk
CTO, co-founder
Andrzej Regulski
Andrzej Regulski
COO, co-founder
Aleksandra Skrzypczak
Aleksandra Skrzypczak
Lead Software Engineer, co-founder
Alex Leverington
Alex Leverington
P2P Engineer, Advisor
Paweł ‘chfast’ Bylica
Paweł ‘chfast’ Bylica
Lead Ethereum Engineer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ