Golem - ワールドワイドスーパーコンピュータ

Golemは誰でもアクセスできるグローバルなオープンソース分散型スーパーコンピュータです。 パーソナルラップトップからデータセンター全体まで、ユーザーのマシンの能力を組み合わせたものです。誰でもGolemを使って、レンダリングからリサーチ、ウェブサイトの運営まで、考えられるあらゆるプログラムを分散型で安価な方法で計算することができます。Golemネットワークは、誰でもコンピューティングパワーを借りたり、ソフトウェアを開発したり、販売したりできるコンピューティングパワーの分散型シェアエコノミーです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GNT
開始日時
2016-11-13
終了日時
2016-11-13
調達金額
$8,000,000
トークン供給数
820,000,000
公式サイトへ Owner of Golem?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Golemは誰もがアクセスできる分散型のスーパーコンピューターです。Golemは幅広く活用することができCGIレンダリングから機械学習までユーザーの目的により多種多様です。まさにコンピューターの処理能力のシェアリングエコノミーを柔軟で、安全で、安価な形で提供しております。ユーザーは必要なだけネットワーク上のコンピューターを使うことができ、対価としてGNT(Golem Network Tokens)を支払います。Golemはイーサリアムが基の取引システムを使っているためすべての処理はsandbox環境でホストシステムから離れた環境で実行されます。

特徴

Golem開発チームのコミットメント

最初の開発利用の実例はGolemチームによるCGIレンダリングでした。これは拡張性の高さをソフトウェアディベロッパーに紹介する意味で有益なケースとなりました。通常であれば大きなクラウドサーバーや膨大な処理能力を使用するために高い利用料が発生しますが、Golemネットワーク上の提供者から安価で提供を受けることができたためCGI制作者の利用を促すものとなりました。

エコシステム利用のインセンティブ

Golemネットワーク内ソリューション利用者、ハードウェア提供者、ソフトウェアディベロッパーそれぞれにとって十分なインセンティブがあります。

ソリューション利用者はリーズナブルな価格で拡張性の高いソリューションをハードウェア、ソフトウェアのどちらでも利用することができます。ハードウェア提供者は貸与可能なほとんどの種類のハードウェアを貸すことで対価を得ることができます。ソフトウェアディベロッパーにとってはソフトウェアの拡販チャネルとしてマネタイズもできることが魅力です。

チーム すべてを見る

Julian Zawistowski
Julian Zawistowski
CEO, founder
Piotr ‘Viggith’ Janiuk
Piotr ‘Viggith’ Janiuk
CTO, co-founder
Andrzej Regulski
Andrzej Regulski
COO, co-founder
Aleksandra Skrzypczak
Aleksandra Skrzypczak
Lead Software Engineer, co-founder
Alex Leverington
Alex Leverington
P2P Engineer, Advisor
Paweł ‘chfast’ Bylica
Paweł ‘chfast’ Bylica
Lead Ethereum Engineer

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32