Golem - ワールドワイドスーパーコンピュータ

Golemは誰でもアクセスできるグローバルなオープンソース分散型スーパーコンピュータです。 パーソナルラップトップからデータセンター全体まで、ユーザーのマシンの能力を組み合わせたものです。誰でもGolemを使って、レンダリングからリサーチ、ウェブサイトの運営まで、考えられるあらゆるプログラムを分散型で安価な方法で計算することができます。Golemネットワークは、誰でもコンピューティングパワーを借りたり、ソフトウェアを開発したり、販売したりできるコンピューティングパワーの分散型シェアエコノミーです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GNT
開始日時
2016-11-13
終了日時
2016-11-13
調達金額
$8,000,000
トークン供給数
820,000,000
公式サイトへ Owner of Golem?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Golemは誰もがアクセスできる分散型のスーパーコンピューターです。Golemは幅広く活用することができCGIレンダリングから機械学習までユーザーの目的により多種多様です。まさにコンピューターの処理能力のシェアリングエコノミーを柔軟で、安全で、安価な形で提供しております。ユーザーは必要なだけネットワーク上のコンピューターを使うことができ、対価としてGNT(Golem Network Tokens)を支払います。Golemはイーサリアムが基の取引システムを使っているためすべての処理はsandbox環境でホストシステムから離れた環境で実行されます。

特徴

Golem開発チームのコミットメント

最初の開発利用の実例はGolemチームによるCGIレンダリングでした。これは拡張性の高さをソフトウェアディベロッパーに紹介する意味で有益なケースとなりました。通常であれば大きなクラウドサーバーや膨大な処理能力を使用するために高い利用料が発生しますが、Golemネットワーク上の提供者から安価で提供を受けることができたためCGI制作者の利用を促すものとなりました。

エコシステム利用のインセンティブ

Golemネットワーク内ソリューション利用者、ハードウェア提供者、ソフトウェアディベロッパーそれぞれにとって十分なインセンティブがあります。

ソリューション利用者はリーズナブルな価格で拡張性の高いソリューションをハードウェア、ソフトウェアのどちらでも利用することができます。ハードウェア提供者は貸与可能なほとんどの種類のハードウェアを貸すことで対価を得ることができます。ソフトウェアディベロッパーにとってはソフトウェアの拡販チャネルとしてマネタイズもできることが魅力です。

チーム すべてを見る

Julian Zawistowski
Julian Zawistowski
CEO, founder
Piotr ‘Viggith’ Janiuk
Piotr ‘Viggith’ Janiuk
CTO, co-founder
Andrzej Regulski
Andrzej Regulski
COO, co-founder
Aleksandra Skrzypczak
Aleksandra Skrzypczak
Lead Software Engineer, co-founder
Alex Leverington
Alex Leverington
P2P Engineer, Advisor
Paweł ‘chfast’ Bylica
Paweł ‘chfast’ Bylica
Lead Ethereum Engineer

人気STO/ICO記事

  • 【API連携】Binance/バイナンスとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    忙しい投資家にとって仮想通貨投資における情報収集や取引を効率化したいという悩みはつきないでしょう。そんな時は取引所が公式に公開しているAPIを活用すると便利です。APIを使えば取引所にログインしなくても自身のポートフォリオ管理や取引、自動取引などを実行することが可能です。通常、APIの活用にはプログラミングスキルが必要ですが仮想通貨アプリののように簡単にAPI連携する方法もあります。ここでは仮想通貨引所最大手であるBinanceのAPI取得方法とのAPI連携方法をご紹介させていただきます。Binanceは2017年7月に中国で誕生した仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所としては後発ですが、社
  • コイン相場アプリのFAQ - ウォレット・ポートフォリオ・チャートなど

  • 法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

    2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。関連記事:大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。仮想通貨Watchアンダーソン・毛利・友常法律事務所後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。最前線の動きについては、Twitter()での書き起こしもかなり有能なので