Ankr - アイドル処理能力によって推進される共有クラウド経済

Ankrは、データセンターやエッジデバイスでアイドル状態のコンピューティングリソースを活用することを目的とした分散コンピューティングプラットフォームです。 Ankrが実現できるのは、企業、消費者がそれぞれのデバイス、オンプレミスサーバー、プライベートクラウド、さらにはパブリッククラウドからも、予備のコンピューティング能力を収益化できる共有経済モデルです。 これにより、Ankrははるかに安い価格でユーザーにはるかに近いコンピューティングパワーを提供できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ANKR
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Ankr?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちのビジョン

クラウドコンピューティングは1兆ドル規模の市場になると予測されていますが、それでも世界でも最大級のハイテクコングロマリットによって独占されています。 これらの巨人だけが高い人的資本コストと先行サーバーコストを支払うことができますが、これは顧客にとってより高いコストをもたらすだけです。

我々は、より安い価格でコンピューティングリソースをより近くに持ってくることによって、世界中の企業や消費者がクラウドに参入するためのより低い障壁を提供できると信じています。

Ankrの革新は以下の通りです。

  • コンテナ化されたマイクロサービスのためのリソースの発見と再利用
  • アイドル容量を使用するための動的価格設定市場
  • Trusted Execution Environmentを使用したアプリケーション構築のためのシームレスなサポート
  • オフチェーン計算、マイクロペイメント、フルフィルメント、およびトランザクション決済用のブロックチェーンネイティブトークン

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常