Gofind XR - XRデータ用の分散型インターネット層

分散XRレイヤはイーサリアムブロックチェーンテクノロジをベースに構築されており、開発者がショッピング、ナビゲーション、ゲーム、ソーシャルメディア、エンターテインメントなどのあらゆるアプリケーションを構築するオープンソースプロジェクトであり、GoFind生態系の構築に参加する人たちは彼らの貢献により確実に報酬を受けます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XRT
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-04-30
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
35,000,000
公式サイトへ Owner of Gofind XR?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

使えるMVP

GoFindには、ファッションショッピングのMVPとデモの使用例があります。それはすでにAndroidとiPhone用に動作しています。

既存のパートナーシップ

運営ビジネスであるGoFindは、世界中の250のグローバル小売業者との提携およびパートナーシップ契約を既に確保しています。この数字は増え続けています。

流動性の向上

GoFindトークンは、証券取引所のように公開仮想通貨取引所で取引し、購入注文と売り注文を照合してGoFindトークンの価格を設定します。市場が成長するにつれて、トークンに対する需要も高まります。

透明性と信頼性

スマートコントラクトを導入することにより、資金は事前に定められた契約に従って透明に配分することができます。スマートコントラクトモデルは、設定されたタスクが完了するとトークンが参加者とインフルエンサーに確実に転送されるようにします。

成長市場

成長分野への投資は、世界規模のデジタル広告拡張現実やSpatial Worldの他のアプリケーションは、少なくとも2022年には2,090億ドル相当の価値があると予想されます。さらに、いくつかの新しいアプリケーションは価値をさらに高めます。

法令順守

当社は、GoFindトークンの提供および販売を提出することにより、適用されるすべての規制および法的ガイドラインを遵守するよう努めています。 すべての購入者は、規制を遵守するために、「KYC」、反テロリズム、および「AML」手続きを通過する必要があります。

チーム すべてを見る

Manindra Majumdar
Manindra Majumdar
CEO
Camilo Sierra
Camilo Sierra
CBDO
Sanjay Chaudhuri
Sanjay Chaudhuri
CTO
Haw Leng
Haw Leng
Chief Growth Officer
Jas Khehra
Jas Khehra
Chief of Blockchain Partnerships
Bogdan Sizov
Bogdan Sizov
Director of Blockchain

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • バイナンス、日本居住者の取引機能を制限予定

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが16日、ホームページを通じ後日、日本居住のユーザーを対象に取引機能を制限する予定と発表した。詳細の内容はまだ、決まっておらず追って連絡するとのこと。バイナンスは過去に日本語でサービス提供をしていたが2018年3月、金融庁から無許可営業を行ったとしてを受けたことがある。(2018年に改正資金決済法が施行され、仮想通貨交換業者登録が必要になったため)その後、日本語でのサービスは中止し、営業をしてきた。一部のメディアは今年の春に施行が予定されている資金決済法及び金商法改正の影響が今回の取引機能の制限に繋がったと予測している。<ins></ins>比較記事を読