Eternal Trusts - 暗号世界のための受託サービス

Eternal Trustsはハイブリッドインテリジェンスとスマートコントラクトを結びつけて、伝統的な信託基金と信託財産を時代遅れにします。 これは、分散型で自律的な財政手段であり、長期的な影響をもたらすものです。 ETの「永遠の」財布はブロックチェーン上に構築され、何世紀にもわたって動作することができ、設定者が設定した目的を実行する最良のプロバイダを探す必要がある時に専門家の投票に回ります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ETT
開始日時
2018-03-01
終了日時
2018-10-01
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
7,000,000 USD
初回価格
1 ETT = 0.021 USD
トークン供給数
1,950,000,000
公式サイトへ Owner of Eternal Trusts?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BTH, DASH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 22 March - 30 May 2018 - 50%

概要

信託ような同意書

プラットフォームは、伝統的な「裁量目的の信用」を模倣したスマートコントラクトインフラストラクチャーに基づいています。「永遠の」財布は何百年も存在することができ、分権化された自律性のためにすべてのリスクが最小限に抑えられ、常にクライアントの目的を達成しようとしています。

暗号資産の管理

プラットフォームは、最も信頼性の高い長期戦略に従って管理され、トークン化された伝統的な資産クラスへの投資からの収益を生み出す、クライアントの暗号資産の成長の可能性を最大化するメカニズムを提供します。委託者の目的が実現可能になったとき、管理に必要なすべてのコンポーネントを購入する余裕がなければなりません。

ハイブリッドインテリジェンス

プラットフォームはクライアントの目的を常により小さな部分に分解し、最高品質で完成させる最も信頼性の高いプロバイダを求めている専門家、組織、AIアルゴリズムの複数のプールを引きつけ、奨励します。

ETトークン

プラットフォームでは、スマートコントラクトベースのトークンを使用し、資産を転送してデータを安全に保管し、エキスパートの投票プロセスを自動化し、目的実行フローを最適化します。

チーム すべてを見る

Kirill Silvestrov
Kirill Silvestrov
CEO
Mark Lea
Mark Lea
Head of Legal
Benoit Vulic
Benoit Vulic
Chief Investment Officer
Artem Ananyan
Artem Ananyan
Chief Financial Officer
Alexander Gorshenev
Alexander Gorshenev
Chief Technical Officer
Ilya Sapranidi
Ilya Sapranidi
Chief Business Developer

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[