Enosi - オープンソース、コミュニティ所有のエネルギー

Enosiはネットワークです。 分散型の元帳によって供給され、すべてのエネルギー市場参加者が集まり、電力コストを最小限に抑え、透明性と消費者の選択を最大限に高めます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
JOUL
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Enosi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Enosi財団(Enosi)は、小売市場の参加者を既存の競争力のないモデルの下で運転することから解放するオープンソース技術プラットフォーム(Enosiプラットフォーム)を利用可能にし、電力がますます生成される分散型モデルを採用することによって、エネルギー市場の革新と混乱を目指す 家庭や企業の屋上に、太陽エネルギーの場合のように、消費地点に近い分散した方法で提供されます。

Enosiプラットフォームにより、小規模小売業者は規模の経済とリスクの共有、エネルギー取引の自動化、および家庭や企業にコミュニティ内の余剰電力を売買する機会を提供することができます。

電力市場における参加者のために土壌を整備し、分散型エネルギーのバンドルと取引における選択と革新を促進することが重要です。

チーム

Steve Hoy
Steve Hoy
CEO
Bill Barden
Bill Barden
COO

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本