Enosi - オープンソース、コミュニティ所有のエネルギー

Enosiはネットワークです。 分散型の元帳によって供給され、すべてのエネルギー市場参加者が集まり、電力コストを最小限に抑え、透明性と消費者の選択を最大限に高めます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
JOUL
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Enosi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Enosi財団(Enosi)は、小売市場の参加者を既存の競争力のないモデルの下で運転することから解放するオープンソース技術プラットフォーム(Enosiプラットフォーム)を利用可能にし、電力がますます生成される分散型モデルを採用することによって、エネルギー市場の革新と混乱を目指す 家庭や企業の屋上に、太陽エネルギーの場合のように、消費地点に近い分散した方法で提供されます。

Enosiプラットフォームにより、小規模小売業者は規模の経済とリスクの共有、エネルギー取引の自動化、および家庭や企業にコミュニティ内の余剰電力を売買する機会を提供することができます。

電力市場における参加者のために土壌を整備し、分散型エネルギーのバンドルと取引における選択と革新を促進することが重要です。

チーム

Steve Hoy
Steve Hoy
CEO
Bill Barden
Bill Barden
COO

人気STO/ICO記事

  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価