Elisia - 手数料なしの高速取引

Elisaは、中本聡が2008年にビットコインをリリースした以来、ブロックチェーン界で最もエキササイズな発展を遂げています。 Elisiaの各取引は、送信者または受信者に無料で稲妻のスピードで目的地に到達します。 分散型アプリケーション(DAPPS)は簡単に作成でき、ボタンをクリックするだけでElisiaネットワークに展開できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ELSA
開始日時
2018-11-30
終了日時
2019-01-19
最低目標
5,000 ETH
最高目標
50,000 ETH
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
750,000,000
公式サイトへ Owner of Elisia?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others, ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Elisiaでは、共通のプラットフォームですべてのブロックチェーン開発プラットフォームを同期させ、マスターチェーン(Elisia)または他のDapp構築プラットフォームのようなサブチェーンにブロックチェーンベースのパブリックアプリケーションとプライベートアプリケーションを開発して展開する統一されたインターフェイスを提供するブロックチェーンソリューションを提案します。ワンクリックまたはマイナーな調整が可能なプラットフォーム。

Elisiaブロックチェーンはプルーフ・オブ・ステーク(POS)、プルーフ・オブ・ワーク(POW)、DPOSなどのさまざまなアルゴリズムで構成されるサイドチェーンを持つDPOSチェーンです。

チーム

Tony Smith
Tony Smith
CEO
Andrey Shypunov
Andrey Shypunov
COO
Yogesh Padsala
Yogesh Padsala
CTO
Sohailul Alam
Sohailul Alam
Marketing
Mohd Irbaz Hussain
Mohd Irbaz Hussain
Marketing

人気STO/ICO記事

  • 【7/18】世界ニュースまとめ - リップル、クウェートのBoubyan銀行と提携へ、財務省・金融庁が主導で暗号資産版SWIFTを創設

    UNLOCKの18日報道によるとリップル社が2004年設立されたクウェートのBoubyan銀行と17日パートナシップを締結した。Boubyan銀行は払込済み資本金が7億ドル(約754億円)を上回ることやもう一つのリップルのパートナーであるクウェート国立銀行(NBK)が主要株主として知られている。今回のパートナー締結の目的は「世界をリードする送金会社」RippleNetと協力し、銀行のスピードとセキュリティおよびデータの完全性をより確実にするためであると銀行の役員は説明した。リップルとBoubyan銀行の協定は現在、クウェート中央銀行の承認を待っている状態だ。参照元:<ins></ins>ロイ
  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • ADAのチャールズ・ホスキンソン「ツイッターを一時停止する」

    エイダコイン(ADA)の発案者でブロックチェーンの研究機関IOHKのCEOで知られているチャールズ・ホスキンソンは7月16日午後13時ごろ(日本時間)「優先順位が高いものに集中するため、ツイッターをやめる」とコメントを残した。優先順位が高いものが何かについては明らかにされていない。参照元:<ins></ins><ins></ins>・・・・・・・・・