EcoStart - ブロックチェーン技術を用いた環境プロジェクトの資金調達の新しいアプローチ

EcoStartはブロックチェーンベースの公開分散暗号化プラットフォームです。TerraEcoCoin(TECO)の革新的な暗号通貨は、重要性証明アルゴリズムを使用して生成されるプラットフォームの中核です。EcoStartは、グリーンプロジェクト、エコロジーへの資金提供、および経済の共有のためのアプリケーションを作成するための信頼できるプラットフォームになります。私たちの目標は、グリーンプロジェクトへの投資と投資活動のトークン化を増やすことです。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
TER
開始日時
2019-01-28
終了日時
2019-04-12
最低目標
2,000 ETH
最高目標
5,900 ETH
初回価格
0.1071 USD
トークン供給数
130,000,000
公式サイトへ Owner of EcoStart?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 2019-01-28 -2019-02-17 - 0.07$
  • 2019-02-18-2019-03-10 - 0.08

概要

EcoStartブロックチェーンには、必要なすべての特性があります。

  • 毎秒約10万トランザクションの速いトランザクション。
  • モビリティ。
  • 透明度
  • 民主主義;
  • 仲介者不要
  • 省エネ検証プロトコル(ビットコインより最大100倍少ない)
  • 低取引コスト。
  • 新しい高度な機能付きスマートコントラクトとそれを作成するためのとツール

チーム すべてを見る

Olga Bergen
Olga Bergen
CEO AND CO-FOUNDER
Aleksandr Goldobin
Aleksandr Goldobin
CFO (Chief Financial Officer)
Teymur Nurullaev
Teymur Nurullaev
COO
Natalia  Nurullaeva
Natalia Nurullaeva
Co-founder Сhief marketing officer (СМО)
Michael McKee
Michael McKee
Chief Visionary Officer
Olga Gershenzon
Olga Gershenzon
Head of Aerospace Monitoring

人気ICO記事

  • そうだ お年玉、配ろう。 「みんなのエアドロ」リリース!

    誰でも簡単にエアドロップできる「みんなのエアドロ」をリリースしました。コイン相場ウォレットが対応している通貨であれば簡単にエアドロップすることができます。なんてシーンで、使ってみてはいかがでしょうか。ピックアップ内の「Airdrop P」を選択(英語名はAirdrop Pなのでこんな表記になっています)配りたい通貨を選択し合計額、配布人数、メッセージを記入下さい。※配布人数の限度は1000人です。入力項目の確認をして下さい。エアドロップ用のウォレットにコインが送金されました。QRコードとリンクが自動生成されます。SNSやチャットでシェアしましょう!※24時間以内に受け取られなかった通貨は作成
  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう