EcoStart - ブロックチェーン技術を用いた環境プロジェクトの資金調達の新しいアプローチ

EcoStartはブロックチェーンベースの公開分散暗号化プラットフォームです。TerraEcoCoin(TECO)の革新的な暗号通貨は、重要性証明アルゴリズムを使用して生成されるプラットフォームの中核です。EcoStartは、グリーンプロジェクト、エコロジーへの資金提供、および経済の共有のためのアプリケーションを作成するための信頼できるプラットフォームになります。私たちの目標は、グリーンプロジェクトへの投資と投資活動のトークン化を増やすことです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TER
開始日時
2019-01-28
終了日時
2019-04-12
最低目標
2,000 ETH
最高目標
5,900 ETH
初回価格
0.1071 USD
トークン供給数
130,000,000
公式サイトへ Owner of EcoStart?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 2019-01-28 -2019-02-17 - 0.07$
  • 2019-02-18-2019-03-10 - 0.08

概要

EcoStartブロックチェーンには、必要なすべての特性があります。

  • 毎秒約10万トランザクションの速いトランザクション。
  • モビリティ。
  • 透明度
  • 民主主義;
  • 仲介者不要
  • 省エネ検証プロトコル(ビットコインより最大100倍少ない)
  • 低取引コスト。
  • 新しい高度な機能付きスマートコントラクトとそれを作成するためのとツール

チーム すべてを見る

Olga Bergen
Olga Bergen
CEO AND CO-FOUNDER
Aleksandr Goldobin
Aleksandr Goldobin
CFO (Chief Financial Officer)
Teymur Nurullaev
Teymur Nurullaev
COO
Natalia  Nurullaeva
Natalia Nurullaeva
Co-founder Сhief marketing officer (СМО)
Michael McKee
Michael McKee
Chief Visionary Officer
Olga Gershenzon
Olga Gershenzon
Head of Aerospace Monitoring

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ