Bibox - AI強化暗号化デジタル資産取引所

BiboxはAI強化暗号化デジタル資産交換プラットフォームです。 創業チームはトップクラスの中国ブロックチェーン&暗号巨人によって構成されています。 チームにはOKCoinの共同設立者とHuoBi.comの他のコア創業メンバーが含まれます。この二つのサイトは中国の最大のビットコイン取引プラットフォームです。 Biboxはコアテクニカルチームとオペレーションチームの他に、ビットコイン愛好家、ブロックチェーンマイナー、シリーズ起業家、有価証券トレーダー、ベンチャーキャピタリスト、ハイテクエンジェル投資家、業界トップのA.I専門家を引きつけます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BIX
開始日時
2017-10-01
終了日時
2017-10-31
最高目標
150,000 ETH
初回価格
1 BIX = 0.17 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Bibox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1-11 - 11%

概要

Biboxは、ブロックチェーンに熱中している、ブロックチェーン、金融、AIなどの分野で徹底的な知識を持っている上級エキスパートのグループによって共同で設立された、ブロックチェーン資産のためのインテリジェントなトランザクションプラットフォームです。このプラットフォームは、デジタル資産に関する情報を広め、デジタル資産が私たちの生活を容易にすることを可能にするために作られました。また、絶え間ない努力と知識の蓄積により、高度なAI技術と完璧なユーザーエクスペリエンスを通じて、お客様と協力してBiboxを「デジタル資産のための世界をリードする透明なインテリジェントトランザクションプラットフォーム」に構築していきます。

特徴

セキュリティ

マイクロサービス分割設計の安全な使用

プロ意識

ブロックチェーン、ファイナンス、AIの専門家で構成されるハイレベルチーム

効率

毎秒メガビットのメモリマッチングシステム

安定

プラットフォームが最先端の分散型クラスタアーキテクチャを採用

強い互換性

非常に強力な耐故障性

大容量

最大1000万までの許容ユーザースループット

製品の利点

統一された市場参入/退出基準

私たちはデジタル資産を自社の研究開発のAI技術でスクリーニングし、質の高い仮想通貨を流通市場で流通させ、キャッシュアウトを目的とする質の低い仮想通貨を取り除き、投資家にオープンで透明、中立、公正取引プラットフォームを提供..

多通貨取引

このプラットフォームは、Ethereum ERC20、OmiLayerおよびEOSから派生した高品質のトークンと、専門的な評価で認定されたオリジナルのトークンの取引を提供します。早い段階でトークンはBTC建てとなり、CNY、HKD、EUR、JPYなどの他の法定通貨も将来使用されます。

レバレッジド/契約取引

リスクを回避し、トークンの価値が大きく変動するのを防ぐという投資家のニーズを満たすために、現物売買やその他の金融サービスを徐々に開放し、投資家が空売りできるようにします。

API

機関投資家を当社のプラットフォームでの取引に参加させることで、プラットフォームの流動性を高め、価格の急激な変動を抑えることができます。 APIインターフェースには、RESTful、Websocket、およびFixがあります。

広範囲かつ専門的な戦略的取引

AIテクノロジと組み合わせて、インテリジェントなトランザクションアシスタントを開発し、戦略的なトランザクションツールを提供し、24時間体制で人間の関与なしにテープの読み取りを可能にします。 インテリジェントな音声認識の機能コマンドで発注をサポートします。

分散トランザクション

プラットフォーム上のトランザクション規模に従って、さまざまなユーザーのニーズを満たすために、他の新しいタイプのトランザクションを徐々に提供します。 新しいトランザクションタイプには、ブロックチェーンテクノロジに基づく分散トランザクションが含まれますが、これらに限定されません。

Biboxビジネスモデル

取引料金

ユーザーは取引ごとに取引手数料を支払う必要があります。 課金額は、ユーザーのVIPレベルによって異なります。

出金手数料

利用者は、引き出しのために引き出し手数料を支払う必要があります。 課金額は、ユーザーのVIPレベルによって異なります。

レバレッジ料

レバレッジ口座にレバレッジ手数料が要求されます。

リスティング料金

新規トークンにはリスティング料金が要求されます。

その他

他の革新的なサービス料金が適用される場合があります。

チーム すべてを見る

Jason He
Jason He
CEO
Jeffery Lei
Jeffery Lei
COO
Michael Wang
Michael Wang
CTO
Mike Shokin, CFA
Mike Shokin, CFA
Tang Yau Tak
Tang Yau Tak
Michael Shi
Michael Shi
CEO at Shared Finance & Co-founder at ICORace

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗