EcoStart - ブロックチェーン技術を用いた環境プロジェクトの資金調達の新しいアプローチ

EcoStartはブロックチェーンベースの公開分散暗号化プラットフォームです。TerraEcoCoin(TECO)の革新的な暗号通貨は、重要性証明アルゴリズムを使用して生成されるプラットフォームの中核です。EcoStartは、グリーンプロジェクト、エコロジーへの資金提供、および経済の共有のためのアプリケーションを作成するための信頼できるプラットフォームになります。私たちの目標は、グリーンプロジェクトへの投資と投資活動のトークン化を増やすことです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TER
開始日時
2019-01-28
終了日時
2019-04-12
最低目標
2,000 ETH
最高目標
5,900 ETH
初回価格
0.1071 USD
トークン供給数
130,000,000
公式サイトへ Owner of EcoStart?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 2019-01-28 -2019-02-17 - 0.07$
  • 2019-02-18-2019-03-10 - 0.08

概要

EcoStartブロックチェーンには、必要なすべての特性があります。

  • 毎秒約10万トランザクションの速いトランザクション。
  • モビリティ。
  • 透明度
  • 民主主義;
  • 仲介者不要
  • 省エネ検証プロトコル(ビットコインより最大100倍少ない)
  • 低取引コスト。
  • 新しい高度な機能付きスマートコントラクトとそれを作成するためのとツール

チーム すべてを見る

Olga Bergen
Olga Bergen
CEO AND CO-FOUNDER
Aleksandr Goldobin
Aleksandr Goldobin
CFO (Chief Financial Officer)
Teymur Nurullaev
Teymur Nurullaev
COO
Natalia  Nurullaeva
Natalia Nurullaeva
Co-founder Сhief marketing officer (СМО)
Michael McKee
Michael McKee
Chief Visionary Officer
Olga Gershenzon
Olga Gershenzon
Head of Aerospace Monitoring

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は