Cryptonity - 暗号通貨コミュニティのための取引所

Cryptonity はCrypto とCommunityという2つの単語を掛け合わせた造語です。シンプルではありますが明確で最も重要な私たちの目標は、暗号通貨コミュニティからリスペクトを受ける取引所となることです。弊社は、暗号通貨市場で最も包括的であり、安全で、透明性の高く、協力的な取引所となることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XNY
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-12-31
最低目標
500,000 USD
最高目標
20,120,000 USD
初回価格
1 XNY = 0.23 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Cryptonity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, LTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

弊社は、暗号通貨市場で最も包括的であり、安全で、透明性の高く、協力的な取引所となることを目指しています。

プロジェクトの重要となる項目の1つにセキュリティが挙げられます。弊社は、最も安全な取引プラットフォームをユーザーに提供したいと考えております。この目標の達成のため、市場で最大手のセキュリティ専門家と協力し、独立したセキュリティに関する機関による年に2回の監査を受け、監査結果をすべてのユーザーにご報告いたします。セキュリティパートナーにつきては、弊社のウェブサイト上にてご紹介いたします。また、より安全な取引環境をユーザーの皆様に保証するために、外部からのハッキング等ににより損失が発生した場合に返金するための保険を設定いたします。弊社の保険に関する詳細については、以下の「取引所規則」のセクションをご覧ください。

その他の非常に重要な事項は、ユーザーの皆様との共同作業です。プラットフォームの進化がユーザーの皆様と共に実現されることは当然のことであり、ユーザーの皆様と交流するためのさまざまなコミュニケーションチャネルを開設し、迅速にユーザーの皆様の要求に対応いたします。弊社では、実装される機能や、上場されるコインなど、プラットフォームの進化にコミュニティの皆様に積極的に関与してほしいと考えております。またユーザーの皆様がプラットフォーム上で利用したい機能を要望するための「リクエスト機能」を実装いたします。

最後に、弊社はより多くの言語に対応する、有用な取引ツールをユーザーの皆様にご提供するためにあらゆる努力を尽くします。以下ではCryptonityが提供する主な機能についてご紹介します。 これらの機能に関するコミュニティの皆様からのフィードバックをお待ちしております!

チーム すべてを見る

Jaewoo SEO
Jaewoo SEO
CO-FOUNDER & CEO
Mourad REDJAH
Mourad REDJAH
CO-FOUNDER & CTO
Van Billy NGUYEN
Van Billy NGUYEN
CO-FOUNDER & COO
Jing LIU
Jing LIU
HEAD OF COMMUNICATION CHINA
Daniel MARTINS
Daniel MARTINS
SMART CONTRACTS & BACK-END DEVELOPER
Vaibhav ADHLAKHA
Vaibhav ADHLAKHA
Co-Founder & CEO @QuickX

人気STO/ICO記事

  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし