Cryptoxygen - 暗号通貨取引のための完全なソリューション

Cryptoxygenは、iOSとAndroidプラットフォーム用の交換とマルチブロックチェーンのモバイルウォレットで構成される、ブロックチェーンベースのエコシステムです。安全で高速かつ高度な暗号取引ソリューションを最低レートで提供します。 Cryptoxygen交換プラットフォームは、fiat-cryptoおよびcrypto-crypto取引を可能にします。 使いやすいインターフェース、データチャート、およびリアルタイムの価格追跡機能が付属しているため、ユーザーは自分の暗号通貨ポートフォリオを簡単に管理できます。 一方、ウォレットでは、ユーザーは仮想通貨を保管、購入、販売することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OXY2
開始日時
2019-01-15
終了日時
2019-06-30
最低目標
3,500,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1200 USD
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Cryptoxygen?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • January 15th, 2019 - 20%

概要

暗号交換プラットフォームがハードウェア製造業者であるThomson Computing(1893年以来のフランスの歴史的な電子機器ブランド)との提携を結んでいるということで、暗号業界の歴史の中で最初のものです。 Cryptoxygenプラットフォームは、世界中で毎年販売されている100万台以上のラップトップおよびタブレットに直接統合されます。

その結果、トークンの価値に対する認識が高まり、かなりの数のユーザーが生まれ、急速な市場シェアを獲得します。 Cryptoxygenは、iOSとAndroidプラットフォーム用の交換とマルチブロックチェーンのモバイルウォレットで構成されるブロックチェーンベースのエコシステムで、最低限のレートで安全で高速かつ高度な暗号取引ソリューションを提供します。 Cryptoxygen交換プラットフォームは、fiat-cryptoおよびcrypto-crypto取引を可能にします。使いやすいインターフェース、データチャート、およびリアルタイムの価格追跡機能が付属しているため、ユーザーは自分の暗号通貨ポートフォリオを簡単に管理できます。一方、ウォレットでは、最高のセキュリティを確保しながら、ユーザーが暗号通貨を保管、売買することができます。さらに、Cryptoxygenはオンラインのニュースやソーシャルトレーディングを提供しています。そこでは、暗号の初心者がプラットフォーム上で成功したトレーダーをフォローし、彼らのトレーディングパターンをコピーすることができます。詳細なオンラインコースは、暗号取引プラットフォームの原則、戦略などに関する幅広い知識が必要な人にも提供します。

Crypoxygenは、あらゆる種類の汚染を軽減し、人工知能プロジェクトを開発するための革新的なソリューションでスタートアップをサポートするためのラボを立ち上げることを想定しています。

チーム すべてを見る

Thomas George
Thomas George
ICO Consultant
Vikram R Singh
Vikram R Singh
ICO Advisor
Gagan Sobti
Gagan Sobti
CUSTOMER SERVICE MANAGER
Ashima Arora
Ashima Arora
DIGITAL MARKETING EXPERT
Surinder kumar
Surinder kumar
FRONTEND DEVELOPER
Simranjit Kaur
Simranjit Kaur
BACKEND DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており