Cryptoxygen - 暗号通貨取引のための完全なソリューション

Cryptoxygenは、iOSとAndroidプラットフォーム用の交換とマルチブロックチェーンのモバイルウォレットで構成される、ブロックチェーンベースのエコシステムです。安全で高速かつ高度な暗号取引ソリューションを最低レートで提供します。 Cryptoxygen交換プラットフォームは、fiat-cryptoおよびcrypto-crypto取引を可能にします。 使いやすいインターフェース、データチャート、およびリアルタイムの価格追跡機能が付属しているため、ユーザーは自分の暗号通貨ポートフォリオを簡単に管理できます。 一方、ウォレットでは、ユーザーは仮想通貨を保管、購入、販売することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OXY2
開始日時
2019-01-15
終了日時
2019-06-30
最低目標
3,500,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1200 USD
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Cryptoxygen?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • January 15th, 2019 - 20%

概要

暗号交換プラットフォームがハードウェア製造業者であるThomson Computing(1893年以来のフランスの歴史的な電子機器ブランド)との提携を結んでいるということで、暗号業界の歴史の中で最初のものです。 Cryptoxygenプラットフォームは、世界中で毎年販売されている100万台以上のラップトップおよびタブレットに直接統合されます。

その結果、トークンの価値に対する認識が高まり、かなりの数のユーザーが生まれ、急速な市場シェアを獲得します。 Cryptoxygenは、iOSとAndroidプラットフォーム用の交換とマルチブロックチェーンのモバイルウォレットで構成されるブロックチェーンベースのエコシステムで、最低限のレートで安全で高速かつ高度な暗号取引ソリューションを提供します。 Cryptoxygen交換プラットフォームは、fiat-cryptoおよびcrypto-crypto取引を可能にします。使いやすいインターフェース、データチャート、およびリアルタイムの価格追跡機能が付属しているため、ユーザーは自分の暗号通貨ポートフォリオを簡単に管理できます。一方、ウォレットでは、最高のセキュリティを確保しながら、ユーザーが暗号通貨を保管、売買することができます。さらに、Cryptoxygenはオンラインのニュースやソーシャルトレーディングを提供しています。そこでは、暗号の初心者がプラットフォーム上で成功したトレーダーをフォローし、彼らのトレーディングパターンをコピーすることができます。詳細なオンラインコースは、暗号取引プラットフォームの原則、戦略などに関する幅広い知識が必要な人にも提供します。

Crypoxygenは、あらゆる種類の汚染を軽減し、人工知能プロジェクトを開発するための革新的なソリューションでスタートアップをサポートするためのラボを立ち上げることを想定しています。

チーム すべてを見る

Thomas George
Thomas George
ICO Consultant
Vikram R Singh
Vikram R Singh
ICO Advisor
Gagan Sobti
Gagan Sobti
CUSTOMER SERVICE MANAGER
Ashima Arora
Ashima Arora
DIGITAL MARKETING EXPERT
Surinder kumar
Surinder kumar
FRONTEND DEVELOPER
Simranjit Kaur
Simranjit Kaur
BACKEND DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し