Cryptonity - 暗号通貨コミュニティのための取引所

Cryptonity はCrypto とCommunityという2つの単語を掛け合わせた造語です。シンプルではありますが明確で最も重要な私たちの目標は、暗号通貨コミュニティからリスペクトを受ける取引所となることです。弊社は、暗号通貨市場で最も包括的であり、安全で、透明性の高く、協力的な取引所となることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XNY
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-12-31
最低目標
500,000 USD
最高目標
20,120,000 USD
初回価格
1 XNY = 0.23 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Cryptonity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, LTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

弊社は、暗号通貨市場で最も包括的であり、安全で、透明性の高く、協力的な取引所となることを目指しています。

プロジェクトの重要となる項目の1つにセキュリティが挙げられます。弊社は、最も安全な取引プラットフォームをユーザーに提供したいと考えております。この目標の達成のため、市場で最大手のセキュリティ専門家と協力し、独立したセキュリティに関する機関による年に2回の監査を受け、監査結果をすべてのユーザーにご報告いたします。セキュリティパートナーにつきては、弊社のウェブサイト上にてご紹介いたします。また、より安全な取引環境をユーザーの皆様に保証するために、外部からのハッキング等ににより損失が発生した場合に返金するための保険を設定いたします。弊社の保険に関する詳細については、以下の「取引所規則」のセクションをご覧ください。

その他の非常に重要な事項は、ユーザーの皆様との共同作業です。プラットフォームの進化がユーザーの皆様と共に実現されることは当然のことであり、ユーザーの皆様と交流するためのさまざまなコミュニケーションチャネルを開設し、迅速にユーザーの皆様の要求に対応いたします。弊社では、実装される機能や、上場されるコインなど、プラットフォームの進化にコミュニティの皆様に積極的に関与してほしいと考えております。またユーザーの皆様がプラットフォーム上で利用したい機能を要望するための「リクエスト機能」を実装いたします。

最後に、弊社はより多くの言語に対応する、有用な取引ツールをユーザーの皆様にご提供するためにあらゆる努力を尽くします。以下ではCryptonityが提供する主な機能についてご紹介します。 これらの機能に関するコミュニティの皆様からのフィードバックをお待ちしております!

チーム すべてを見る

Jaewoo SEO
Jaewoo SEO
CO-FOUNDER & CEO
Mourad REDJAH
Mourad REDJAH
CO-FOUNDER & CTO
Van Billy NGUYEN
Van Billy NGUYEN
CO-FOUNDER & COO
Jing LIU
Jing LIU
HEAD OF COMMUNICATION CHINA
Daniel MARTINS
Daniel MARTINS
SMART CONTRACTS & BACK-END DEVELOPER
Vaibhav ADHLAKHA
Vaibhav ADHLAKHA
Co-Founder & CEO @QuickX

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・