Btccredit - 次世代の分散型銀行エコシステム

次世代暗号銀行ソリューション、ブロックチェーンベースのP2P貸出ソリューション。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTCC
開始日時
2019-04-30
終了日時
2019-07-28
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of Btccredit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Btccreditは、最も先進的な融資プラットフォームでありながら、使いやすいものです。 P2P融資は、暗号通貨が促進できる将来的に最も注目されるものになります。 暗号p2pの融資を誰にでも利用可能にするための堅牢なインフラストラクチャを構築しています。 プラットフォームは、担保としてビットコインと当社のネイティブトークンBTCCの両方をサポートします。 入出金にはUSDTが使用されます。USDTを使用すると、ユーザーはこのプラットフォームで取引することが非常に便利になります。 その第一の理由はUSDTが非常に流動的であり、ほとんどすべての取引所に取引されていること、そして銀行資産の中でUSDと同額で支えられていることです。 私達の最も重大な関心事は顧客資金の保護であり、そして常に主な焦点となります。

私たちのロードマップには、分散型P2P交換、ステークプラットフォーム、クラウドファンディング、ICO投資プラットフォームなど、他にも素敵な製品があります。

チーム

Shrirang Muley
Shrirang Muley
CEO
Kirankumar Kapure
Kirankumar Kapure
CTO
Mayur Shrivastav
Mayur Shrivastav
COO
Sang Jae Seo
Sang Jae Seo
CEO, Payx
Jason Jung
Jason Jung
Advisor

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。