Btccredit - 次世代の分散型銀行エコシステム

次世代暗号銀行ソリューション、ブロックチェーンベースのP2P貸出ソリューション。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTCC
開始日時
2019-04-30
終了日時
2019-07-28
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of Btccredit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Btccreditは、最も先進的な融資プラットフォームでありながら、使いやすいものです。 P2P融資は、暗号通貨が促進できる将来的に最も注目されるものになります。 暗号p2pの融資を誰にでも利用可能にするための堅牢なインフラストラクチャを構築しています。 プラットフォームは、担保としてビットコインと当社のネイティブトークンBTCCの両方をサポートします。 入出金にはUSDTが使用されます。USDTを使用すると、ユーザーはこのプラットフォームで取引することが非常に便利になります。 その第一の理由はUSDTが非常に流動的であり、ほとんどすべての取引所に取引されていること、そして銀行資産の中でUSDと同額で支えられていることです。 私達の最も重大な関心事は顧客資金の保護であり、そして常に主な焦点となります。

私たちのロードマップには、分散型P2P交換、ステークプラットフォーム、クラウドファンディング、ICO投資プラットフォームなど、他にも素敵な製品があります。

チーム

Shrirang Muley
Shrirang Muley
CEO
Kirankumar Kapure
Kirankumar Kapure
CTO
Mayur Shrivastav
Mayur Shrivastav
COO
Sang Jae Seo
Sang Jae Seo
CEO, Payx
Jason Jung
Jason Jung
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い