AstorGame - eSportおよびオンラインギャンブルプラットフォーム

AstorGameはユーザのプロファイルにしたがって、ゲームと賭けの間で選択できる最先端の技術を使用して開発されたeSportとオンラインギャンブルプラットフォームで、eSportsと賭博の世界を変えます。 eSportsプレーヤーの場合、eSportsプラットフォームを使用して、League of Legends、FIFA 17、Dota 2、Counter-Strike、PlayerunknownのBattlegrounds、Haloなどのゲームの試合とトーナメントに参加することができます。 あなたがイベントやトーナメント、eSports、スポーツ、カジノのゲーム、またはチャンスのゲームに賭けをしたい場合は、特定のクライアントプロファイルのために特別に開発された賭博のプラットフォーム、カジノ、または宝くじにサインインすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ASTOR
開始日時
2018-01-29
終了日時
2018-04-29
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of AstorGame?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Dash, XMR, Iota
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First 7 hours - +90% Bonus
  • First 48 hours - +80% Bonus
  • Week 1 - +70% Bonus
  • Week 2 - +60% Bonus
  • Week 1 - 40% Bonus
  • Week 2 - 30% Bonus
  • Week 3 - 20% Bonus
  • Week 4 - 10% Bonus
  • Week 5 - 5% Bonus

概要

AstorGameでは、これらの新技術を活用して、品質向上と付加価値の創出、将来のある時点でのグローバルオンラインゲーム市場のリーディングカンパニーとしての地位を確立するとともに、ゲーム、賭け、オンラインの楽しみに関する効率性、透明性、セキュリティを提供します。

私たちは投資家が利益を生み出すために貿易して使うトークン以上のものになろうと努力しています。私たちは、市場の確立された部分である会社であることを計画しています。これが投資家を欲し、顧客に私たちを見てもらう方法です。私たちは、私たちの資産価値と安定性を高めるための企業としての私たちの価値を基盤としています。このように、資産の価値は有機的に増加するでしょう。また、トーナメントの価値を高める恩恵を受けるトークンの所有者もAstorgameが支払う年間配当を確実に享受することができます。

私たちは、仮想通貨の知識に精通している人だけでなく、ビットコイン、ブロックチェーン、またはアルトコインについてほとんど理解していない、あるいは理解していない世界中の一般の人々にアピールする予定です。それが、まだ悪用されていない市場であるため、私たちはこれを行います。私たちのプラットフォームは、ブロックチェーンによって提供されるサービスと利点を、非常に小さな専門用語で親しみやすい方法で一般の人々に提供します。

チーム

Mark Snizhinsky
Mark Snizhinsky
CEO & Founder, Developer
Jiyun Kim
Jiyun Kim
eSports Gaming events & Gambling music experience
Jhonny Cuevas
Jhonny Cuevas
Sr. Director of Technology, Developer
Natalia Snegynskaya
Natalia Snegynskaya
Co-Founder, Front End Developer
Yuriana Lopez
Yuriana Lopez
Marketing, PR manager

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗