GIFcoinのGIFはGambling Investment Fund「ギャンブル投資資金」の略です。 この資金は既に機能しているベッティングウェブサイトでバックされています。 – VitalBet.com. VitalBetは、スポーツベッティング、カジノ、ライブカジノ、インプレイベッティング、eSports、バーチャルスポーツなど、業界のすべての機能を備えた、完全に運用され規制されたギャンブルウェブサイトです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
GIF
最低目標
5,000 ETH
最高目標
24,000 ETH
初回価格
1 GIF = 0,0001 ETH
トークン供給数
263,000,000
公式サイトへ Owner of GIFcoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率88%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 30%

概要

ワーキングプロジェクト

ほとんどのICOはアイデアのみを販売しています。GIFは異なります。 私たちの専任チームは、実際の作業プロジェクトを作成するために尽力しました。 - VitalBet.com.

クラウドファンディング

最初のコインの提供(ICO)の力は、私たちが事業を成長させ、すべての投資家と利益を共有するのに役立ちます。

マーケティング

準備が整いました!私たちのマーケティングキャンペーンは、ブランド、顧客基盤、利益を大幅に向上させます。

広告

当社のベッティングサイトは、業界で最も優れた戦略とチャネルを使用して宣伝される準備が整いました。

速い成長

私たちのプラットフォームのオーディエンスは、マーケティングや広告キャンペーンが成功した後、新しい国マーケットで急速に成長しています。

利益シェア

すべてのGIFトークン所有者は、私たちの急速な成長と成功の結果、VitalBetの利益の一部を受け取ることになります。

チーム すべてを見る

Krasimir Popov
Krasimir Popov
FOUNDER & CEO
Svetoslav Dimitrov
Svetoslav Dimitrov
BRANDING EXPERT
Trifon Boyukliyski
Trifon Boyukliyski
MARKETING EXPERT
Zhivko Nikolov
Zhivko Nikolov
BLOCKCHAIN DEVELOPER
Todor Nikolov
Todor Nikolov
BACK-END DEVELOPER
Krasen Hristov
Krasen Hristov
FRONT-END & UIX

人気STO/ICO記事

  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • 「仮想通貨投資タイプ診断-5つの精霊で判定-」をコイン相場がリリース

    国内最大級の仮想通貨アプリ ・コイン相場が、「普段の日常生活での行動傾向」から投資タイプが診断できるツールをリリースしました。投資経験がない方々はどういう投資スタイルが自分に向いているか簡単に診断することができます。また、投資経験の豊富な方々にとっても投資スタイルを見直す機会になるでしょう![判定された投資精霊をツイッターのフォロワーに共有してみましょう!攻撃力・守備力・かしこさ・みかわし率の能力値も現れます!今年の8月末に、リリースしました「取引所診断」ツールは日常生活からの質問よりは、投資経験からの質問が多くありました。しかし、仮想通貨投資に参加している方々の年齢は20~40代が中心で投資
  • Bithumbトークンの被害者らが関係者20名を刑事訴訟か・・ICOから-99%下落

    韓国の仮想通貨取引所Bithumbの買収を進めていた「BXAコンソーシアム(法人名 BTHMB)」が資金不足を理由に、残金が払えない状態になり買収のプロセスで発行された「BXAトークン」が問題になっている。15日、韓国の関連業界関係者によると、BXA投資家は「被害者の会」を組織し被害事例などの情報収集を行っているという。Bithumbトークンと呼ばれていたBXAトークンは日本でもツイッターなどを通じ、販売されていた。しかし、Bithumb Globalは11月12日るBithumb Chainにおけるネイティブトークン「BT」を新しく発表している。韓国のBXAトークン投資家たちは「BTHMB」