GIFcoinのGIFはGambling Investment Fund「ギャンブル投資資金」の略です。 この資金は既に機能しているベッティングウェブサイトでバックされています。 – VitalBet.com. VitalBetは、スポーツベッティング、カジノ、ライブカジノ、インプレイベッティング、eSports、バーチャルスポーツなど、業界のすべての機能を備えた、完全に運用され規制されたギャンブルウェブサイトです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
GIF
最低目標
5,000 ETH
最高目標
24,000 ETH
初回価格
1 GIF = 0,0001 ETH
トークン供給数
263,000,000
公式サイトへ Owner of GIFcoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率88%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 30%

概要

ワーキングプロジェクト

ほとんどのICOはアイデアのみを販売しています。GIFは異なります。 私たちの専任チームは、実際の作業プロジェクトを作成するために尽力しました。 - VitalBet.com.

クラウドファンディング

最初のコインの提供(ICO)の力は、私たちが事業を成長させ、すべての投資家と利益を共有するのに役立ちます。

マーケティング

準備が整いました!私たちのマーケティングキャンペーンは、ブランド、顧客基盤、利益を大幅に向上させます。

広告

当社のベッティングサイトは、業界で最も優れた戦略とチャネルを使用して宣伝される準備が整いました。

速い成長

私たちのプラットフォームのオーディエンスは、マーケティングや広告キャンペーンが成功した後、新しい国マーケットで急速に成長しています。

利益シェア

すべてのGIFトークン所有者は、私たちの急速な成長と成功の結果、VitalBetの利益の一部を受け取ることになります。

チーム すべてを見る

Krasimir Popov
Krasimir Popov
FOUNDER & CEO
Svetoslav Dimitrov
Svetoslav Dimitrov
BRANDING EXPERT
Trifon Boyukliyski
Trifon Boyukliyski
MARKETING EXPERT
Zhivko Nikolov
Zhivko Nikolov
BLOCKCHAIN DEVELOPER
Todor Nikolov
Todor Nikolov
BACK-END DEVELOPER
Krasen Hristov
Krasen Hristov
FRONT-END & UIX

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本