Arcona - 世界規模の拡張現実グリッド

ARエコシステムArconaは、仮想世界と現実世界を結ぶ情報空間です。 これは、惑星の表面上に拡張現実感の層を自動的に生成するプラットフォームに基づいています。 これにより、任意の仮想コンテンツをリモートでインストールおよび管理することができます。拡張現実感層は、地理空間データを使用して既存ランドスケープに直接リンクされます。 それは自然の限界があります - 人類が占領した土地がわずか12%! この重要な資産は、生態系経済の商品と基礎です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Arcona
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-07-15
調達金額
7,071 ETH
最低目標
2,746 ETH
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 Arcona = 0.0025 ETH
トークン供給数
135,000,000
公式サイトへ Owner of Arcona?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率60%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Arconaは仮想空間と実世界を単一のエコシステムに統合する情報空間です。システムの中心には、拡張現実感のレイヤーと地球の表面上の自然なマーカーとの間のリンクを提供するプラットフォームがあり、コンテンツの配置と管理を遠隔から行うことができます。デジタル地形と呼ばれるこのレイヤーは、地理空間データを使用して地球の実際の表面に直接リンクされています。

デジタル土地の自然限界は、人間が利用する土地の12%に設定されています。この希少な資産は、生態系の経済の商品と基礎です。 Arconaのインフラストラクチャには、デジタル・ランド・レジスタとプラットフォーム内のあらゆるデジタル資産が含まれています。

これはブロックチェーンテクノロジを使用して構築され、ピアツーピアネットワークです。私たちは2019年にDigital Earthを生成するプロセスを既に開始する予定であるため、ITOをスタートした。ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京、北京、ローマ、メキシコシティ、サンクトペテルブルク、イスタンブール、バルセロナの10都市をデジタル化します。

プラットフォームが開始される前の2018年前半には、ARViewerの一般公開とarconsの取引市場が見られます。 Arconaプラットフォームは、Piligrim XXIの専門チームによって開発されています。

私たちは、世界の拡張現実市場と観光セクターで初めてのロシアのITスタートアップ企業です。私たちは、旅行者が本物の旅行と時間旅行を組み合わせることを可能にしました。スマホとARヘッドセットを使用することで、旅行者は失われた建築の不思議や歴史的出来事をリアルタイムかつスペースで目撃することができます。

2014年、Piligrim XXIは世界で初めて屋外増強現実公園を発足し、現在6カ国以上に8つの公園のネットワークを構築し、総面積は7,700アールです。 2015年以来、私たちは分散型GIS、拡張現実感技術、3Dシミュレーション、コンピュータビジョン、人工知能の研究に独自の資金から多大な投資を行ってきました。

拡張現実環境を遠隔管理する独自のプラットフォームを開発しています。私たちはITOとブロックチェーンアーキテクチャを利用して、プロジェクトをP2Pベースでユーザーと開発者を結ぶ完全なエコシステムに変えることができます。

今日、私たちはデジタル土地の最初の土地所有者の一人になることをあなたにお勧めしたいと思います。 ITOの間だけ、Arconaのトークンホルダーは、地球上の最初の10カ所の土地プロットを選択して予約することができます。

チーム すべてを見る

Ilia Korguzalov
Ilia Korguzalov
Project lead
Diana Sorina
Diana Sorina
Marketing
Aleks Zaulichnyy
Aleks Zaulichnyy
CTO
Tania Chernikh
Tania Chernikh
Researcher & PR
Daniel Girdea
Daniel Girdea
AR Evangelist
Alex Emelianoiv
Alex Emelianoiv
R&D Team lead

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )