Arcona - 世界規模の拡張現実グリッド

ARエコシステムArconaは、仮想世界と現実世界を結ぶ情報空間です。 これは、惑星の表面上に拡張現実感の層を自動的に生成するプラットフォームに基づいています。 これにより、任意の仮想コンテンツをリモートでインストールおよび管理することができます。拡張現実感層は、地理空間データを使用して既存ランドスケープに直接リンクされます。 それは自然の限界があります - 人類が占領した土地がわずか12%! この重要な資産は、生態系経済の商品と基礎です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Arcona
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-07-15
調達金額
7,071 ETH
最低目標
2,746 ETH
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 Arcona = 0.0025 ETH
トークン供給数
135,000,000
公式サイトへ Owner of Arcona?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率60%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Arconaは仮想空間と実世界を単一のエコシステムに統合する情報空間です。システムの中心には、拡張現実感のレイヤーと地球の表面上の自然なマーカーとの間のリンクを提供するプラットフォームがあり、コンテンツの配置と管理を遠隔から行うことができます。デジタル地形と呼ばれるこのレイヤーは、地理空間データを使用して地球の実際の表面に直接リンクされています。

デジタル土地の自然限界は、人間が利用する土地の12%に設定されています。この希少な資産は、生態系の経済の商品と基礎です。 Arconaのインフラストラクチャには、デジタル・ランド・レジスタとプラットフォーム内のあらゆるデジタル資産が含まれています。

これはブロックチェーンテクノロジを使用して構築され、ピアツーピアネットワークです。私たちは2019年にDigital Earthを生成するプロセスを既に開始する予定であるため、ITOをスタートした。ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京、北京、ローマ、メキシコシティ、サンクトペテルブルク、イスタンブール、バルセロナの10都市をデジタル化します。

プラットフォームが開始される前の2018年前半には、ARViewerの一般公開とarconsの取引市場が見られます。 Arconaプラットフォームは、Piligrim XXIの専門チームによって開発されています。

私たちは、世界の拡張現実市場と観光セクターで初めてのロシアのITスタートアップ企業です。私たちは、旅行者が本物の旅行と時間旅行を組み合わせることを可能にしました。スマホとARヘッドセットを使用することで、旅行者は失われた建築の不思議や歴史的出来事をリアルタイムかつスペースで目撃することができます。

2014年、Piligrim XXIは世界で初めて屋外増強現実公園を発足し、現在6カ国以上に8つの公園のネットワークを構築し、総面積は7,700アールです。 2015年以来、私たちは分散型GIS、拡張現実感技術、3Dシミュレーション、コンピュータビジョン、人工知能の研究に独自の資金から多大な投資を行ってきました。

拡張現実環境を遠隔管理する独自のプラットフォームを開発しています。私たちはITOとブロックチェーンアーキテクチャを利用して、プロジェクトをP2Pベースでユーザーと開発者を結ぶ完全なエコシステムに変えることができます。

今日、私たちはデジタル土地の最初の土地所有者の一人になることをあなたにお勧めしたいと思います。 ITOの間だけ、Arconaのトークンホルダーは、地球上の最初の10カ所の土地プロットを選択して予約することができます。

チーム すべてを見る

Ilia Korguzalov
Ilia Korguzalov
Project lead
Diana Sorina
Diana Sorina
Marketing
Aleks Zaulichnyy
Aleks Zaulichnyy
CTO
Tania Chernikh
Tania Chernikh
Researcher & PR
Daniel Girdea
Daniel Girdea
AR Evangelist
Alex Emelianoiv
Alex Emelianoiv
R&D Team lead

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本