ARGO Reality - 拡張現実のエンターテイメント空間

2017年7月、このロジックの枠組みの中で、私たちは最小限の実行可能な製品Go2meを市場に投入しました。拡張現実を使った一連のモバイルクエストでした。 プレーヤーは、有名ブランドの商品やクーポンなど、さまざまな具体的な賞を受け取りました。MVPはミンスク最大のショッピングセンターの1つと提携して行われました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ARGO
開始日時
2018-03-15
終了日時
2018-04-01
初回価格
1 ARGO = 0.000023 ETH
トークン供給数
586,200,000
公式サイトへ Owner of ARGO Reality?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • day1today2 - 50%
  • day3today4 - 40%
  • day5today6 - 30%
  • day5today7 - 20%

概要

ARGOは拡張現実のエンターテイメントスペースです。 ARで贈り物を受け取り、遊び、コミュニケーションします。完全にデジタル化されたZ世代と、他の世代の「デジタル移民」に焦点を当てた、スケーラブルなARベースのゲーム、広告、情報スペースです。

Z世代に対して、オンラインは習慣的な生息地になっています。物理的な世界にデジタルのすべての特性を与えることができるビジネスは、戦略的に勝つでしょう。

2017年7月、このロジックの枠組みの中で、私たちは最小限の実行可能な製品Go2meを市場に投入しました。

拡張現実を使った一連のモバイルクエストでした。プレーヤーは、有名ブランドの商品やクーポンなど、さまざまな報酬を受けました。MVPは、ミンスク最大のショッピングセンターの1つと提携して行われました。

プロジェクトのビジネス目標は、特定の「デジタル」行動パターンを持つブランドとGen-Zの関係者の間に相互に有益な相互作用のチャネルを作り出すことです。

Gen-Zユーザーは、ARGOスマートフォンアプリを使用してARスペースとやり取りします。

ARGOエコシステムには、ブランドARオブジェクト、クエストとゲームのオリジナルシナリオ(ルートマップ、POSと賞品交換ポイント)、AR通信機能が組み込まれています。

Gen-ZユーザーのためのARGOの主な顧客価値はブランド賞、特典、クーポン、割引などの有形報酬を得る過程におけるハイテクエンターテイメントのシームレスな統合です。ユーザーにはデジタル報酬によるARアクションの報酬が支払われ、実際の商品やサービスと交換することができます。

企業向けのARGOプロジェクトは、Gen-Zの顧客と参加ブランドとの間に長年の感情的な連絡を確立する重要な目的を果たしています。そのようなアプローチでは、Gen-Zのデジタル習慣と従来の広告手段の固有のバージョンを考慮しています。 ARGOは、新しい世代の顧客に特化したハイテク手段を企業に提供しています。

このプロジェクトの社会的意義は、オンライン活動と現実世界行動の組み合わせによって、ユーザーの身体的および認知的発達に利益をもたらすことです。

ARGOは、国境を越えたクロスカルチャーであり、ほとんどの国での運営に適しています。機能の詳細および制限は、広告およびインターネット環境の適用される国内規則に依存します。このICOは、すでに作成し、正常に動作させた最小実行可能製品(MVP)の規模を拡大することを目的としています。

チーム

Alexey Pushkarev
Alexey Pushkarev
Crichton Brauer
Crichton Brauer
Dmitry Ezersky
Dmitry Ezersky
Vasily Veko
Vasily Veko

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・