Zoptax - ブロックチェーンでVOIPを破壊

Zoptaxはブロックチェーンベースのコーリングネットワークで、ユーザーに完全に安全でプライベートなVOIP通話を分散ネットワーク経由で提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Zoptax / ZPT
開始日時
2019-05-31
終了日時
2019-07-30
調達金額
$300,000
最低目標
500,000 USD
最高目標
3,500,000 USD
初回価格
0.2500 USD
トークン供給数
12,000,000
公式サイトへ Owner of Zoptax?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSHA256 Coin
タイプSHA256 Coin
参加可能通貨ETH, BTC
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    ブロックチェーンが金融業界に浸透した一方で、コミュニケーション分野への参入はまだ影響を及ぼし、大衆の間で露出を得ることはできていません。 Zoptaxは、絶えず成長するブロックチェーンエコシステムの真のエンドツーエンドのモバイルネットワークであり、完全に分散化されたサーバーレスのアーキテクチャを介して接続する機能をユーザーに提供することを目的としています。

    Zoptaxは、テレコム内でのブロックチェーンの統合を推進する上での足がかりとして浮上するというビジョンを持って設計されています。 Zoptaxは、費用対効果、利便性、信頼性の属性を具現化することによって、加入者のデジタル体験を向上させる次世代のモバイルネットワークです。

    チーム すべてを見る

    Naveed Ishfaq
    Naveed Ishfaq
    Founder & CEO
    Muhammad Umar
    Muhammad Umar
    DB Ninja
    Saima Nadeem
    Saima Nadeem
    Community Manager
    Arslan Mumtaz
    Arslan Mumtaz
    Blockchain Ninja
    Daniele Dimitrov
    Daniele Dimitrov
    Design Ninja
    Mr. Memon
    Mr. Memon
    Blockchain Guru

    人気STO/ICO記事

    • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

      グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
    • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

      仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本