Irbis Network - プライベート時代のコミュニケーション

SC Telecomは、Irbis Network用のブロックチェーンネットワークを開発し、投資を引き付けるためにIEOを実施します。 Irbis Networkは、SC Telecomによって作成された分散型ネットワークです。 これは、テレコム、メッセンジャー、VoIP、モノのインターネット(IoT)、および5Gネットワークテクノロジと、分散型インフラストラクチャに基づく暗号化およびルーティングテクノロジを組み合わせる目的で機能します。 ブロックチェーン技術はSS7 / GSMプロトコルに含まれている多数の脆弱性を排除します。 これらの脆弱性はデータセキュリティとプライバシーの観点から重要です。 このプロトコルは、通信チャネル/ゲートウェイ、メッセンジャー、センサー、およびペイメントソリューションと連携するように技術的に適合されています。 最初のアプリケーションはSCテレコム製品から形成され、IEOの終了とIrbis Networkの発売後にDAppsとして公開されます。 IBSトークンは、SafeCallsエコシステムを循環するという明確な意味を持つサービスコインです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
IBS
開始日時
2019-07-01
終了日時
2019-09-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
0.3000 USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of Irbis Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

製品(DApp)

分散ブロックチェーンベースのVPNネットワーク

独自の暗号化経済によって強化された市場で

モバイルインターネット用SIMおよびテレグラムボット経由の通話

隠れた料金なしで一番安い料金で188カ国でインターネットを使うことを可能にする

安全な電話通話のためのGSMモバイルネットワーク

「偽の発信者番号」および「音声の変更」機能

IoT用SIM

IoTソリューションをいつでも作成し、世界中に適用することを可能にします。

セキュアテレグラムボット

GSMからテレグラムへの通話、仮想通貨支払い、仮想電話番号の使用を許可

安全なVoIPサービス

1秒あたりの課金が特徴で、低コストの国際電話が可能

チーム すべてを見る

Young K Choe
Young K Choe
Advisor
Bradley Townsend
Bradley Townsend
Advisor
Zach Daniels
Zach Daniels
Advisor
Mikhail Zhukov
Mikhail Zhukov
Advisor
Maria Lapuk
Maria Lapuk
Advisor
Princess Svetlana Lydia Von Pommern-Peglow
Princess Svetlana Lydia Von Pommern-Peglow
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ