Irbis Network - プライベート時代のコミュニケーション

SC Telecomは、Irbis Network用のブロックチェーンネットワークを開発し、投資を引き付けるためにIEOを実施します。 Irbis Networkは、SC Telecomによって作成された分散型ネットワークです。 これは、テレコム、メッセンジャー、VoIP、モノのインターネット(IoT)、および5Gネットワークテクノロジと、分散型インフラストラクチャに基づく暗号化およびルーティングテクノロジを組み合わせる目的で機能します。 ブロックチェーン技術はSS7 / GSMプロトコルに含まれている多数の脆弱性を排除します。 これらの脆弱性はデータセキュリティとプライバシーの観点から重要です。 このプロトコルは、通信チャネル/ゲートウェイ、メッセンジャー、センサー、およびペイメントソリューションと連携するように技術的に適合されています。 最初のアプリケーションはSCテレコム製品から形成され、IEOの終了とIrbis Networkの発売後にDAppsとして公開されます。 IBSトークンは、SafeCallsエコシステムを循環するという明確な意味を持つサービスコインです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IBS
開始日時
2019-07-01
終了日時
2019-09-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
0.3000 USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of Irbis Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

製品(DApp)

分散ブロックチェーンベースのVPNネットワーク

独自の暗号化経済によって強化された市場で

モバイルインターネット用SIMおよびテレグラムボット経由の通話

隠れた料金なしで一番安い料金で188カ国でインターネットを使うことを可能にする

安全な電話通話のためのGSMモバイルネットワーク

「偽の発信者番号」および「音声の変更」機能

IoT用SIM

IoTソリューションをいつでも作成し、世界中に適用することを可能にします。

セキュアテレグラムボット

GSMからテレグラムへの通話、仮想通貨支払い、仮想電話番号の使用を許可

安全なVoIPサービス

1秒あたりの課金が特徴で、低コストの国際電話が可能

チーム すべてを見る

Young K Choe
Young K Choe
Advisor
Bradley Townsend
Bradley Townsend
Advisor
Zach Daniels
Zach Daniels
Advisor
Mikhail Zhukov
Mikhail Zhukov
Advisor
Maria Lapuk
Maria Lapuk
Advisor
Princess Svetlana Lydia Von Pommern-Peglow
Princess Svetlana Lydia Von Pommern-Peglow
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: