Wixlar Coin ICO - 仮想通貨とデジタル決済システム

Wixlarは、瞬時、安全、私的な低料金の取引であるブロックチェーンテクノロジーに基づくグローバル分散型デジタル通貨です。 Wixlarコインは、オンラインまたはオフラインで商品やサービスを売買することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WIX
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-06-30
最低目標
4,000,000 EUR
最高目標
15,000,000 EUR
初回価格
1 WIX = 0.01 EUR
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Wixlar Coin ICO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, Fiat
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Wixlarサービス

ウォレット

Wixlarコインは個人の財布にしっかりと保管されます

Wixlarカード

Wixlarはコイン保有者にグローバルカードを提供します

グローバル取引

Wixlarコインは、$、€、£、¥などの他の通貨に交換できます

スマートコントラクト

自分の会社またはグループの資産または株式を作成します

信用状

買い手と売り手のために安全なバランスを提供する

クラウドストレージ

Wixlarはファイルを分割し、暗号化して配布します

Eショップ

WixlarのEショップから技術製品を購入します

アカデミー

スマートな教育に参考文献を提供する

報酬

簡単な作業でWixlarコインを無料で受け取ります

パートナー

お支払い方法としてWixlarコインを受け入れます

宝くじ

あなたの夢の車、Yakht、ヴィラなどで宝くじで入手します

フリーランス

フリーランサーのためのグローバルなオンライン市場

チーム すべてを見る

Shane Harrington
Shane Harrington
Advising and Consulting
Marios Yiannakou
Marios Yiannakou
Financial Development
Mujaser Mamuti
Mujaser Mamuti
Marketing and Outreach
Sotiris Kattos
Sotiris Kattos
Media and Broadcasting
Alexis Thomas
Alexis Thomas
The Founder and CEO
S.j Song
S.j Song
Director/Representative in Asia & Russia

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )