Wixlar Coin ICO - 仮想通貨とデジタル決済システム

Wixlarは、瞬時、安全、私的な低料金の取引であるブロックチェーンテクノロジーに基づくグローバル分散型デジタル通貨です。 Wixlarコインは、オンラインまたはオフラインで商品やサービスを売買することができます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WIX
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-06-30
最低目標
4,000,000 EUR
最高目標
15,000,000 EUR
初回価格
1 WIX = 0.01 EUR
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Wixlar Coin ICO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, Fiat
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Wixlarサービス

ウォレット

Wixlarコインは個人の財布にしっかりと保管されます

Wixlarカード

Wixlarはコイン保有者にグローバルカードを提供します

グローバル取引

Wixlarコインは、$、€、£、¥などの他の通貨に交換できます

スマートコントラクト

自分の会社またはグループの資産または株式を作成します

信用状

買い手と売り手のために安全なバランスを提供する

クラウドストレージ

Wixlarはファイルを分割し、暗号化して配布します

Eショップ

WixlarのEショップから技術製品を購入します

アカデミー

スマートな教育に参考文献を提供する

報酬

簡単な作業でWixlarコインを無料で受け取ります

パートナー

お支払い方法としてWixlarコインを受け入れます

宝くじ

あなたの夢の車、Yakht、ヴィラなどで宝くじで入手します

フリーランス

フリーランサーのためのグローバルなオンライン市場

チーム すべてを見る

Shane Harrington
Shane Harrington
Advising and Consulting
Marios Yiannakou
Marios Yiannakou
Financial Development
Mujaser Mamuti
Mujaser Mamuti
Marketing and Outreach
Sotiris Kattos
Sotiris Kattos
Media and Broadcasting
Alexis Thomas
Alexis Thomas
The Founder and CEO
S.j Song
S.j Song
Director/Representative in Asia & Russia

人気ICO記事

  • モッピーペイとは|ポイ活で貯めたポイントを友達に送付する方法

    近年、「モバイルペイメント」や「キャッシュレス」の流れから、◯◯ペイという名前をよく耳にするようになりました。特にPayPay、LINE Payのプロモーション合戦は「札束の殴り合い」と比喩されるほどに、費用をかけた大胆なものになっており、話題を集めています。ところで、ポイントサイトでお小遣い稼ぎをしているポイ活民に嬉しい決済方法があるのをご存知ですか?やのは以前にご紹介しましたが、簡単にポイントの個人間送金ができるモッピーペイというものがあるんです。モッピーペイとは、自分が保有しているのポイントを、他人にURLで送付できるサービスのことです。URLを受け取った側は、モッピーにログイ
  • 【ポイ活】人気旅行予約サイトの特徴・口コミを徹底比較!- アゴダ・ホテルズドットコム・JTBなどをお得に利用するには?

    経由で予約するとビットコインがもらえることを知っていますか?ホテルの予約代金の1%や3%などのビットコインが獲得できますのでご予約の際はでの予約をぜひお試しください!・・
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.36 - AIアラートがカスタマイズできるようになる!

    コイン相場のご利用の皆様いつもアプリのご利用ありがとうございます。ベアーマーケットでは減る一方だったユーザー数がビットコイン高騰してから着々と増え、大勢のユーザー様が戻ってきています!!コイン相場チームが長いベアーマーケットで耐えられたのはユーザーの皆様のお陰だと思っております。今後もアプリのご利用よろしくお願いいたします。今週も皆様の快適な投資環境をサポートするために、開発進めてきました。開発内容は以下をご確認ください。AIアラートの反応がとてもよく、特定の通貨をアラートしてほしいという意見がありました。運営チームはAIアラートに十分なニーズがあると判断し、カスタマイズできるように開発を進め