WePower - グリーンエネルギー取引プラットフォーム

WePowerは誰もがグリーンエネルギーを購入、取引、または投資することができるブロックチェーンとスマートコントラクトのグリーンエネルギー交換プラットフォームを立ち上げています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WPR
開始日時
2017-09-22
終了日時
2017-10-22
最低目標
20,400,000 WPR
トークン供給数
187,000,000
公式サイトへ Owner of WePower ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

WePowerは、再生可能エネルギー開発の資本調達の現状問題を解決し、消費者、あらゆるタイプの投資家、エネルギー市場メーカーにとって直接的に奨励プロジェクトへの投資を可能にします。これは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトを通じて、迅速かつ透明な方法で行われます。技術を採用することにより、WePowerは以下のようなエネルギー市場の不足を解決します。

  • グローバルなグリーンエネルギープロジェクトの資本調達
  • グローバルなグリーンエネルギー投資
  • 迅速かつ透明な取引。

再生可能エネルギー開発者は、将来に生産されるエネルギーの一部を販売することができます。迅速、グローバル、透明にするため、このエネルギーはトークン化され、各電力購入契約はスマートコントラクトになり、流動性が確保されます。

一方、最終消費者、投資家、エネルギー市場メーカーは、将来のエネルギーを割引価格で購入し、消費されたエネルギーのコストを削減することができます。また、エネルギーが生産される特定の時点で、支払った価格と市場価格の間の価格差から利益を得ることができます。

WePowerは、ブロックチェーンにデータを記録し、エネルギー取引を可能にし、エネルギーを市場に直接販売するために、エネルギーインフラおよびエネルギー取引市場に接続されています。

WePowerの力を借りて再生可能エネルギーの量が増えると、プラットフォームはブロックチェーン、スマートコントラクトソリューションを使って次世代ユーティリティになり、エネルギー市場に完全な透明性をもたらします。脱皮化、民主化、分散化の基本原則に基づいています。

チーム すべてを見る

Nikolaj Martyniuk
Nikolaj Martyniuk
Co-Founder, Energy
Artūras Asakavičius
Artūras Asakavičius
Co-Founder, Investments
Kaspar Kaarlep
Kaspar Kaarlep
CTO, energy
Jon Matonis
Jon Matonis
Blockchain advisor
Steven Meersman
Steven Meersman
Energy markets
Heikki Kolk Energy
Heikki Kolk Energy
IOT Expert

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし