Veritas Mining - 持続可能な暗号化マイニング

タイに拠点を置く再生可能エネルギー暗号マイニング事業です。 私たちの生態系が収益を上げ、企業全体の成長を支えることができると信じています。 Veritas Mining Companyでは、暗号化マイニングによって再生可能なグリーンエネルギーを仮想通貨に変換することを信じています。 暗号化マイニングは大規模に行われると高い収益を上げ、電気をデジタル資産に変換しています。 今日の環境では、自然災害の危険性のない環境に安定した国で、環境に配慮した、持続可能なエネルギー賦活型のメガ暗号化マイニングが提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VRTM
開始日時
2017-10-25
終了日時
2018-01-03
最低目標
3,500 ETH
最高目標
100,000 ETH
初回価格
0.001 ETH
トークン供給数
135,000
公式サイトへ Owner of Veritas Mining ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 50%

概要

About Veritas MiningVeritas Mining is...

  • Cost efficient
    We have partnered with a green & renewable energy company to build our mines on site.
  • Eco-Friendly
    We use Solar, Wind & Bio-Gas/Waste energy sources to power our mines
    Natural flowing water sources to keep them cool
  • Profitable
    With cheap operating costs and optimization of our mines, we aim to be among the most profitable
  • Innovative
    We are constantly researching and finding ways to develop better software for future integration into blockchain technology
  • Veritas Mining Company Eco System
  • Sustainable Mining
    All our mines are powered by the cheapest green, renewable energy sources
  • Token Holder Dividends
    As Veritium token holders, 60% of net profits are paid out in Ethereum every quarter, forever.
  • Future Proof
    We are an advocate of moving hash power to renewable energy sources. Allowing PoW algorithms to be sustainable
  • Marketplace & Wallet Exchange Platform
    We will be developing a marketplace & wallet platform to allow our token holders to exchange to other cryptocurrencies and/or use Veritium to trade and invest fiat instruments.
  • チーム すべてを見る

    Jeremy Tan
    Jeremy Tan
    Co-Founder & CEO/CFO
    Egor Ledovskih
    Egor Ledovskih
    Co-Founder/CIO Co-Lead Developer
    Kittipon Kankhunthod
    Kittipon Kankhunthod
    CTO
    Lim Chai Yang
    Lim Chai Yang
    COO
    Suvisa Vichachai
    Suvisa Vichachai
    Head Accountant
    Bill Tan
    Bill Tan
    Head of Marketing

    人気STO/ICO記事

    • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

      仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
    • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

      トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

      国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[