Veritas Mining - 持続可能な暗号化マイニング

タイに拠点を置く再生可能エネルギー暗号マイニング事業です。 私たちの生態系が収益を上げ、企業全体の成長を支えることができると信じています。 Veritas Mining Companyでは、暗号化マイニングによって再生可能なグリーンエネルギーを仮想通貨に変換することを信じています。 暗号化マイニングは大規模に行われると高い収益を上げ、電気をデジタル資産に変換しています。 今日の環境では、自然災害の危険性のない環境に安定した国で、環境に配慮した、持続可能なエネルギー賦活型のメガ暗号化マイニングが提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VRTM
開始日時
2017-10-25
終了日時
2018-01-03
最低目標
3,500 ETH
最高目標
100,000 ETH
初回価格
0.001 ETH
トークン供給数
135,000
公式サイトへ Owner of Veritas Mining ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 50%

概要

About Veritas MiningVeritas Mining is...

  • Cost efficient
    We have partnered with a green & renewable energy company to build our mines on site.
  • Eco-Friendly
    We use Solar, Wind & Bio-Gas/Waste energy sources to power our mines
    Natural flowing water sources to keep them cool
  • Profitable
    With cheap operating costs and optimization of our mines, we aim to be among the most profitable
  • Innovative
    We are constantly researching and finding ways to develop better software for future integration into blockchain technology
  • Veritas Mining Company Eco System
  • Sustainable Mining
    All our mines are powered by the cheapest green, renewable energy sources
  • Token Holder Dividends
    As Veritium token holders, 60% of net profits are paid out in Ethereum every quarter, forever.
  • Future Proof
    We are an advocate of moving hash power to renewable energy sources. Allowing PoW algorithms to be sustainable
  • Marketplace & Wallet Exchange Platform
    We will be developing a marketplace & wallet platform to allow our token holders to exchange to other cryptocurrencies and/or use Veritium to trade and invest fiat instruments.
  • チーム すべてを見る

    Jeremy Tan
    Jeremy Tan
    Co-Founder & CEO/CFO
    Egor Ledovskih
    Egor Ledovskih
    Co-Founder/CIO Co-Lead Developer
    Kittipon Kankhunthod
    Kittipon Kankhunthod
    CTO
    Lim Chai Yang
    Lim Chai Yang
    COO
    Suvisa Vichachai
    Suvisa Vichachai
    Head Accountant
    Bill Tan
    Bill Tan
    Head of Marketing

    人気STO/ICO記事

    • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

      グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
    • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

      ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である