Velic - 暗号金融エコシステム

VELICプラットフォームは、単一の統合ユーザーアカウントで最高品質の仮想通貨関連サービス、暗号資産の包括的なソリューションを提供します。 当社のサービスは、セキュリティとアクセシビリティの両方を提供する革新的なセキュアストレージインフラストラクチャ上に構築されています - これらの機能は、多くの場合相互に排他的です。 VELICは製品の安全性を非常に重視しており、誰にとっても暗号金融の体験を強化するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VELT
開始日時
2019-02-10
終了日時
2019-02-20
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Velic?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率90%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

暗号通貨が金融業界によって新しい資産クラスとして認識されているにもかかわらず、機関投資家は意味のある方法で市場に参入しなかった。これは、ブロックチェーン(およびその一部のプレーヤー)の上で動作するシステムに対する信頼の欠如と、暗号資産の分野で利用可能な金融商品には慎重な投資家が要求する高度なレベルが欠けているためです。さらに、現在のほとんどの暗号資産金融ソリューションは、機関や専門投資家のリスク管理プロファイルと透明性要件を満たすには不十分です。

このような背景の下に開発されたVELICは、セキュリティを重視した仮想通貨金融プラットフォームであり、その上に一連の高度な仮想通貨金融製品およびサービスが構築および提供されています。私たちの目標は、これまでのところ業界ではあまり役立たれていないプロの投資家や機関に、暗号金融の分野へのアクセスを提供することです。完成すれば、暗号金融サービスのVELICスイートには、資産管理、ローンおよびボールトのサービスを含みます。これらの製品とサービスは、VELIC独自のセキュリティプロトコルレイヤで保護されており、統合された暗号資産取引所によって結び付けられています。すべてのプラットフォームアクティビティは、単一のVELICユーザーアカウントからシームレスかつ安全に行われます。

チーム

Tim Yang
Tim Yang
Managment
Sean Kim
Sean Kim
Management
James Kang
James Kang
Management
Charlie Kim
Charlie Kim
Management

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7