Velic - 暗号金融エコシステム

VELICプラットフォームは、単一の統合ユーザーアカウントで最高品質の仮想通貨関連サービス、暗号資産の包括的なソリューションを提供します。 当社のサービスは、セキュリティとアクセシビリティの両方を提供する革新的なセキュアストレージインフラストラクチャ上に構築されています - これらの機能は、多くの場合相互に排他的です。 VELICは製品の安全性を非常に重視しており、誰にとっても暗号金融の体験を強化するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VELT
開始日時
2019-02-10
終了日時
2019-02-20
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Velic?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率90%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

暗号通貨が金融業界によって新しい資産クラスとして認識されているにもかかわらず、機関投資家は意味のある方法で市場に参入しなかった。これは、ブロックチェーン(およびその一部のプレーヤー)の上で動作するシステムに対する信頼の欠如と、暗号資産の分野で利用可能な金融商品には慎重な投資家が要求する高度なレベルが欠けているためです。さらに、現在のほとんどの暗号資産金融ソリューションは、機関や専門投資家のリスク管理プロファイルと透明性要件を満たすには不十分です。

このような背景の下に開発されたVELICは、セキュリティを重視した仮想通貨金融プラットフォームであり、その上に一連の高度な仮想通貨金融製品およびサービスが構築および提供されています。私たちの目標は、これまでのところ業界ではあまり役立たれていないプロの投資家や機関に、暗号金融の分野へのアクセスを提供することです。完成すれば、暗号金融サービスのVELICスイートには、資産管理、ローンおよびボールトのサービスを含みます。これらの製品とサービスは、VELIC独自のセキュリティプロトコルレイヤで保護されており、統合された暗号資産取引所によって結び付けられています。すべてのプラットフォームアクティビティは、単一のVELICユーザーアカウントからシームレスかつ安全に行われます。

チーム

Tim Yang
Tim Yang
Managment
Sean Kim
Sean Kim
Management
James Kang
James Kang
Management
Charlie Kim
Charlie Kim
Management

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[