Velic - 暗号金融エコシステム

VELICプラットフォームは、単一の統合ユーザーアカウントで最高品質の仮想通貨関連サービス、暗号資産の包括的なソリューションを提供します。 当社のサービスは、セキュリティとアクセシビリティの両方を提供する革新的なセキュアストレージインフラストラクチャ上に構築されています - これらの機能は、多くの場合相互に排他的です。 VELICは製品の安全性を非常に重視しており、誰にとっても暗号金融の体験を強化するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VELT
開始日時
2019-02-10
終了日時
2019-02-20
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Velic?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率90%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

暗号通貨が金融業界によって新しい資産クラスとして認識されているにもかかわらず、機関投資家は意味のある方法で市場に参入しなかった。これは、ブロックチェーン(およびその一部のプレーヤー)の上で動作するシステムに対する信頼の欠如と、暗号資産の分野で利用可能な金融商品には慎重な投資家が要求する高度なレベルが欠けているためです。さらに、現在のほとんどの暗号資産金融ソリューションは、機関や専門投資家のリスク管理プロファイルと透明性要件を満たすには不十分です。

このような背景の下に開発されたVELICは、セキュリティを重視した仮想通貨金融プラットフォームであり、その上に一連の高度な仮想通貨金融製品およびサービスが構築および提供されています。私たちの目標は、これまでのところ業界ではあまり役立たれていないプロの投資家や機関に、暗号金融の分野へのアクセスを提供することです。完成すれば、暗号金融サービスのVELICスイートには、資産管理、ローンおよびボールトのサービスを含みます。これらの製品とサービスは、VELIC独自のセキュリティプロトコルレイヤで保護されており、統合された暗号資産取引所によって結び付けられています。すべてのプラットフォームアクティビティは、単一のVELICユーザーアカウントからシームレスかつ安全に行われます。

チーム

Tim Yang
Tim Yang
Managment
Sean Kim
Sean Kim
Management
James Kang
James Kang
Management
Charlie Kim
Charlie Kim
Management

人気STO/ICO記事

  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ