Uris - 起業家のための暗号資金

新興企業がグローバルかつ透明かつ効率的な方法で資本を調達することに革命をもたらすベンチャーキャピタルとVCファンドのソリューション。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
URIS
開始日時
2018-10-08
終了日時
2019-01-31
最低目標
20,000 ETH
最高目標
40,000 ETH
初回価格
1 URI = 0.2 USD
トークン供給数
69,300,000
公式サイトへ Owner of Uris?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC
供給率66%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 Stage: Nov/1 - Nov/14 - 30%
  • 2 Stage: Nov/15 - Dec/8 - 20%
  • 3 Stage: Dec/9 - Jan - 15%
  • 4 Stage: Jan/2 - Jan/17 - 10%

概要

Uris Foundationは、起業家、ベンチャーキャピタリスト、独立投資家のミックスによって創設された非営利団体であり、起業家精神が新興市場における開発の礎石であるという信念を共有し、透明で効率的なイノベーションは、 持続可能で繁栄した未来に向けて、世界中のあらゆる業界の新興企業の品質を向上させます。

若い企業に資金やツール、世界規模の企業になるための手引きを提供し、起業家が資本を増やし、コストを抑えて事業を拡大できるよう、ダイナミックで透明なイノベーションを推進します。Uris Foundationは、経済成長を促進し、現実の問題に実践的な解決策を提供する新興企業を支援することに最も関心を持っています。

チーム すべてを見る

Jorge Serrano
Jorge Serrano
Co-Founder/Business & Product
Esteban Peñaloza
Esteban Peñaloza
Co-Founder/Economics
Carlos Ayalde
Carlos Ayalde
Co-Founder/Funds & Operations
Bob Iaccino
Bob Iaccino
Co-Founder/Ecosystem
Luis Patt
Luis Patt
Co-Founder/Technology
Carlos Guayara
Carlos Guayara
Co-Founder/Trading

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32