Hero - 東南アジアの銀行業の未来

ヒーローキャピタルマーケットプラットフォームは、東南アジア市場における一連の相互依存的かつ相互に強化されたプロジェクトで構成される金融サービス市場のネットワークを可能にするスマートコントラクト技術を利用するブロックチェーンになります。現在、金融サービスへの透明で効率的なアクセスから除外されている市場の個人および企業に資本を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HERO
開始日時
2018-02-01
終了日時
2018-02-28
最高目標
250,000 ETH
初回価格
1 HERO = 0.005 ETH
トークン供給数
5,000,000
公式サイトへ Owner of Hero?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, ETC, XRP, LTC, WAVES
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First 3 hours - +30%
  • Presale Day 1 - 20%
  • Day 2 - 3 - 10%
  • Day 4 - 7 - 5%
  • Day 8 - 14 - 2.5%

概要

市場概要

東南アジアの人口の27%にしか銀行口座がありません。カンボジアのような貧しい国では、この数字は約5%にまで低下します。東南アジアで約4億3,800万人の人々が銀行口座を持っていないことになります。フィリピンはアジアで最も低い銀行普及率を誇っており、成人(15歳以上)の70%以上が銀行口座を持っていません。中央銀行のデータによると、マニラ首都圏外では、人口の80%以上が銀行口座を持たず、わずか300万世帯しかクレジットカードを保有していません。その結果、72%以上にあたる1億人以上の人々が現金需要のために18,000以上の質屋に頼っています。この国の、質屋の顧客のうち90%の人々は銀行口座を持たない人々で、彼らは質屋を銀行がわりに使っています。

しかし、銀行を持たない人々が頼っている伝統的な質屋には問題があります。年利100%を超える不当な金利は、人々が担保を買い戻し、財政状態を立て直すことを不可能にします。これらの場所では、主に宝飾品を担保として受け入れますが、ほとんどの若物はこれらのものを持っていません。

Hero Capital Market Platform

Hero Capital Market Platform は、スマートコントラクト技術を利用したブロックチェーン(以下の技術の説明を参照)で、東南アジア市場における一連の相互依存的かつ相互補完的なプロジェクトからなる金融サービス市場のネットワークを可能にします。このPlatfromは、金融的な受け入れを促進すること、透明性、効率性、および現在金融サービスへのアクセスから除外されている個人や企業に対しての供給資本になることに主眼を置いています。

Hero Origen Token の利得

200 Hero Origen Tokenの所有者には、将来のHero Member Token の保有者には利用できない次の永続的な特典が提供されます。

  1. Hero Capital Market Platform への永久会員
  2. リスク調整された市場収益を得るために、新興市場の個人および企業に信用およびエクイティ・ファイナンスを提供する機会への優先的なアクセス権
  3. Hero Origen Tokenの所有者は、Hero Capital Market Platformでの資金調達の機会を最初にオファーする比例権を受け取ります

市場の選択と優先順位付け

  1. フィリピン共和国
  2. インドネシア
  3. ベトナム
  4. タイ

プロジェクトの優先順位付け

  1. 登録されたおよび未登録の担保付および無担保の企業債務問題、可変条件および元利金の一括返済による額面金額の割引
  2. 登録された及び未登録の定期的な償却手段
  3. プライマリおよびセカンダリ住宅担保ローン
  4. 自動車およびオートバイの担保ローン
  5. クレジットスコアリングモデルに基づく、スポンサードされた無担保クレジットライン
  6. 株式型証券

マイルストーン

2017年11月20日、プリセールの90分間3百50万ドル(約3億8千5百万円)を集めた。

2018年2月6日、アリババとソフトバンクのロゴがICOサイトから削除された。アリババはKaikakuファンドのリミテッドパートナーで、ソフトバンクと一緒に2016年にPawnHeroに投資した。

2018年3月9日、仮想通貨取引所QRYPTOSに上場。

2018年5月、バルセロナを拠点とした。

2018年5月18日、仮想通貨取引所HitBTCに上場。

チーム すべてを見る

Paul Rivera
Paul Rivera
CEO, Kalibrr
Farouk Meralli
Farouk Meralli
CEO, mClinica Inc.
Ricky Fiel
Ricky Fiel
Head of Human Resources, WeTrust.
John Bailon
John Bailon
CEO and Co-founder, Satoshi Citadel Industries
Miguel Cuneta
Miguel Cuneta
CCO and Co-founder, Satoshi Citadel Industries
Sam Kaddoura
Sam Kaddoura
Director of Trading, Satoshi Citadel Industries

人気STO/ICO記事

  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckの口コミ

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。また、2019年11月には国内で初めてCoincheckでステラルーメン(XLM)の取り扱いが開始され、注目を浴びました。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。
  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • Bithumbトークンの被害者らが関係者20名を刑事訴訟か・・ICOから-99%下落

    韓国の仮想通貨取引所Bithumbの買収を進めていた「BXAコンソーシアム(法人名 BTHMB)」が資金不足を理由に、残金が払えない状態になり買収のプロセスで発行された「BXAトークン」が問題になっている。15日、韓国の関連業界関係者によると、BXA投資家は「被害者の会」を組織し被害事例などの情報収集を行っているという。Bithumbトークンと呼ばれていたBXAトークンは日本でもツイッターなどを通じ、販売されていた。しかし、Bithumb Globalは11月12日るBithumb Chainにおけるネイティブトークン「BT」を新しく発表している。韓国のBXAトークン投資家たちは「BTHMB」