Hero - 東南アジアの銀行業の未来

ヒーローキャピタルマーケットプラットフォームは、東南アジア市場における一連の相互依存的かつ相互に強化されたプロジェクトで構成される金融サービス市場のネットワークを可能にするスマートコントラクト技術を利用するブロックチェーンになります。現在、金融サービスへの透明で効率的なアクセスから除外されている市場の個人および企業に資本を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HERO
開始日時
2018-02-01
終了日時
2018-02-28
最高目標
250,000 ETH
初回価格
1 HERO = 0.005 ETH
トークン供給数
5,000,000
公式サイトへ Owner of Hero?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, ETC, XRP, LTC, WAVES
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First 3 hours - +30%
  • Presale Day 1 - 20%
  • Day 2 - 3 - 10%
  • Day 4 - 7 - 5%
  • Day 8 - 14 - 2.5%

概要

市場概要

東南アジアの人口の27%にしか銀行口座がありません。カンボジアのような貧しい国では、この数字は約5%にまで低下します。東南アジアで約4億3,800万人の人々が銀行口座を持っていないことになります。フィリピンはアジアで最も低い銀行普及率を誇っており、成人(15歳以上)の70%以上が銀行口座を持っていません。中央銀行のデータによると、マニラ首都圏外では、人口の80%以上が銀行口座を持たず、わずか300万世帯しかクレジットカードを保有していません。その結果、72%以上にあたる1億人以上の人々が現金需要のために18,000以上の質屋に頼っています。この国の、質屋の顧客のうち90%の人々は銀行口座を持たない人々で、彼らは質屋を銀行がわりに使っています。

しかし、銀行を持たない人々が頼っている伝統的な質屋には問題があります。年利100%を超える不当な金利は、人々が担保を買い戻し、財政状態を立て直すことを不可能にします。これらの場所では、主に宝飾品を担保として受け入れますが、ほとんどの若物はこれらのものを持っていません。

Hero Capital Market Platform

Hero Capital Market Platform は、スマートコントラクト技術を利用したブロックチェーン(以下の技術の説明を参照)で、東南アジア市場における一連の相互依存的かつ相互補完的なプロジェクトからなる金融サービス市場のネットワークを可能にします。このPlatfromは、金融的な受け入れを促進すること、透明性、効率性、および現在金融サービスへのアクセスから除外されている個人や企業に対しての供給資本になることに主眼を置いています。

Hero Origen Token の利得

200 Hero Origen Tokenの所有者には、将来のHero Member Token の保有者には利用できない次の永続的な特典が提供されます。

  1. Hero Capital Market Platform への永久会員
  2. リスク調整された市場収益を得るために、新興市場の個人および企業に信用およびエクイティ・ファイナンスを提供する機会への優先的なアクセス権
  3. Hero Origen Tokenの所有者は、Hero Capital Market Platformでの資金調達の機会を最初にオファーする比例権を受け取ります

市場の選択と優先順位付け

  1. フィリピン共和国
  2. インドネシア
  3. ベトナム
  4. タイ

プロジェクトの優先順位付け

  1. 登録されたおよび未登録の担保付および無担保の企業債務問題、可変条件および元利金の一括返済による額面金額の割引
  2. 登録された及び未登録の定期的な償却手段
  3. プライマリおよびセカンダリ住宅担保ローン
  4. 自動車およびオートバイの担保ローン
  5. クレジットスコアリングモデルに基づく、スポンサードされた無担保クレジットライン
  6. 株式型証券

マイルストーン

2017年11月20日、プリセールの90分間3百50万ドル(約3億8千5百万円)を集めた。

2018年2月6日、アリババとソフトバンクのロゴがICOサイトから削除された。アリババはKaikakuファンドのリミテッドパートナーで、ソフトバンクと一緒に2016年にPawnHeroに投資した。

2018年3月9日、仮想通貨取引所QRYPTOSに上場。

2018年5月、バルセロナを拠点とした。

2018年5月18日、仮想通貨取引所HitBTCに上場。

チーム すべてを見る

Paul Rivera
Paul Rivera
CEO, Kalibrr
Farouk Meralli
Farouk Meralli
CEO, mClinica Inc.
Ricky Fiel
Ricky Fiel
Head of Human Resources, WeTrust.
John Bailon
John Bailon
CEO and Co-founder, Satoshi Citadel Industries
Miguel Cuneta
Miguel Cuneta
CCO and Co-founder, Satoshi Citadel Industries
Sam Kaddoura
Sam Kaddoura
Director of Trading, Satoshi Citadel Industries

人気STO/ICO記事

  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い