CoVEX - オールインワンデジタル取引プラットフォーム

CoVEXは、トレーダーが暗号通貨を取引や交換し、トレードスキルをコピーし、投資グループ内でお互いに取引できる、次世代のERC223 ethereum Blockchainベースのプラットフォームです。 言い換えれば、ソーシャル/コピー取引、証拠金取引、支払いゲートウェイは、透明で分散したブロックチェーンで実行されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
COVEX
初回価格
1 COVEX = 0.005 ETH
トークン供給数
192,500,000
公式サイトへ Owner of CoVEX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC223
参加可能通貨ETH
供給率77%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PRE-ICO, 1st week - 30%
  • PRE-ICO, 3rd week - 10%
  • 1ST ICO, 1st week - 20%
  • 1ST ICO, 3rd week - 5%

概要

oVEXスマートコントラクトは、次世代のERC223に基づいています。トレーダーは暗号通貨取引をし、コピートレードスキルを強化し、トレーディンググループ内のお互いの取引と競争することができます。

言い換えれば、ソーシャル/コピー取引、証拠金取引、決済ゲートウェイを透明性、安全性、信頼性の高いものにしています。 ERC223の下でEthereum Blockchainに実装されるCoVEXトークンは、報酬生成の暗号として機能します。これは、CoVEXトークン所有者が取引手数料の形でボーナスを受け取ることを意味します。

最終的に、私たちのプラットフォームは誰もが取引にアクセスし、全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させます。私たちのプラットフォームは、新興企業、現職者、トレーダー、消費者、小売業などの暗号市場の基盤を、暗号化通信の大量採用を促進する実行可能なエコシステムに変えるでしょう。

私たちの使命は、この革新的な技術を効果的でシームレスでアクセス可能な方法で世界にもたらすことです。私たちは、電力を集中化するための解決策としてブロックチェーンを見ることで、国民に自らの財政的意思決定と繁栄をもたらし、自由に戻すことができます。

チーム すべてを見る

J. Mohan
J. Mohan
Founder & CEO
Labu K. Ghimire
Labu K. Ghimire
Co-Founder & CMO
Peter Wanjala
Peter Wanjala
Business & Product Development Head
Junaid Nawaz
Junaid Nawaz
CTO & Lead Blockchain Developer
Denis Rogovski
Denis Rogovski
Legal Counsel
Zohaib Qadir
Zohaib Qadir
Lead Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー