Uris - 起業家のための暗号資金

新興企業がグローバルかつ透明かつ効率的な方法で資本を調達することに革命をもたらすベンチャーキャピタルとVCファンドのソリューション。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
URIS
開始日時
2018-10-08
終了日時
2019-01-31
最低目標
20,000 ETH
最高目標
40,000 ETH
初回価格
1 URI = 0.2 USD
トークン供給数
69,300,000
公式サイトへ Owner of Uris?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC
供給率66%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 Stage: Nov/1 - Nov/14 - 30%
  • 2 Stage: Nov/15 - Dec/8 - 20%
  • 3 Stage: Dec/9 - Jan - 15%
  • 4 Stage: Jan/2 - Jan/17 - 10%

概要

Uris Foundationは、起業家、ベンチャーキャピタリスト、独立投資家のミックスによって創設された非営利団体であり、起業家精神が新興市場における開発の礎石であるという信念を共有し、透明で効率的なイノベーションは、 持続可能で繁栄した未来に向けて、世界中のあらゆる業界の新興企業の品質を向上させます。

若い企業に資金やツール、世界規模の企業になるための手引きを提供し、起業家が資本を増やし、コストを抑えて事業を拡大できるよう、ダイナミックで透明なイノベーションを推進します。Uris Foundationは、経済成長を促進し、現実の問題に実践的な解決策を提供する新興企業を支援することに最も関心を持っています。

チーム すべてを見る

Jorge Serrano
Jorge Serrano
Co-Founder/Business & Product
Esteban Peñaloza
Esteban Peñaloza
Co-Founder/Economics
Carlos Ayalde
Carlos Ayalde
Co-Founder/Funds & Operations
Bob Iaccino
Bob Iaccino
Co-Founder/Ecosystem
Luis Patt
Luis Patt
Co-Founder/Technology
Carlos Guayara
Carlos Guayara
Co-Founder/Trading

人気ICO記事

  • 「コイン相場」開発週報 Vol.35 - デモトレ機能を開発しています。コインポインのウェブ版は完成!

    コイン相場やコイン神社をご利用の皆様!いつも私たちのサービスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。今年も季節が変わり、いよいよ待っていた10連休!ゴールデンウィークが間もなく始まります。ゴールデンウィーク中の5月1日には年号も新しく変わるので平成時代が終わり"令和"時代に突入ですね。時間の流れはとても早いので、私たちコイン神社チームも皆様に満足いただけるようなサービスを開発し、提供できるように今後も頑張りたいと思います。さて、今週も皆様からフィードバックを貰ったところの修正や新しい機能の開発で毎日忙しく過ごしております。開発の内容は本記事の下からご確認ください。仮想通貨のデモトレ機能
  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では