Uncloak - 次世代サイバーセキュリティの脅威管理

「Zero Hour」サイバー脅威に対するパブリックおよび隠されたインターネットデータをチェックするための高度な人工知能。次世代の脆弱性サイバーセキュリティスキャン。EOSブロックチェーンを使用して、世界中の検証済みのITセキュリティ専門家がサイバー脅威の脆弱性を解決するために協力し、完全に自動化されたシステムを通じて報酬を得ることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UNC
開始日時
2019-03-13
終了日時
2019-04-03
最高目標
7,500,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Uncloak?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, EOS, BNB, HT
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちの新しいアプローチは、ブロックチェーンベースのメカニズムを通して脆弱性を見つけることに貢献するために、より広いコミュニティの強さに重点を置いている、分散化された、スケーラブルな、ブロックチェーンを動力とするサイバーセキュリティ管理ソリューションを作成することです。 Uncloakは知識と専門知識を活用し、プラットフォームに集約し、エンドユーザーが購入できるサービスに変換します。 Uncloakの機能は現在商業市場には存在しません。

Uncloakは最新のサイバーセキュリティの脅威を探すために高度なAIテクノロジを使用して独自の脅威検出データベースを構築します。最新のサイバーセキュリティの脅威はセキュリティシグネチャに変換され、Uncloak脅威検出システムに追加されます。

脆弱性が存在する場合は、修正措置を講じることができるように、エンドユーザーにただちに通知します。

Uncloak™は、サイバーセキュリティの専門家の活発なコミュニティに関与して未知のセキュリティの脅威を発見するだけでなく、サイバーセキュリティの脅威の検出におけるマーケットリーダーになるというユニークな立場にあります。しかしそれはまた、人工知能技術を使用してインターネットをスキャンし、今後のセキュリティ上の脆弱性を探し、脅威の脆弱性データベースに追加することで絶えず更新します。

チーム すべてを見る

Tayo Dada
Tayo Dada
CEO & Founder
Phil Jackson
Phil Jackson
CTO
Nicholas Topham
Nicholas Topham
COO & CFO
Nick Banks
Nick Banks
Commercial Director & Cyber Security Expert
Steve Bardouille
Steve Bardouille
Programme Manager
Toby Abel
Toby Abel
AI Expert

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )