Typerium - 分散型コンテンツ制作プラットフォーム

海賊行為はコンテンツ制作者にとって大きな問題です。 Typeriumはそれを永遠に変える予定です。 私たちは、世界中の24億人以上のコンテンツ消費者を対象とした分散型コンテンツ作成プラットフォーム、ソーシャルメディアネットワーク、市場を構築しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TYPE
開始日時
2018-05-21
終了日時
2018-06-25
最低目標
4,500,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 TYPE = 0.05 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Typerium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - 5%
  • Round 2 - 10%
  • Round 3 - 15%
  • Round 4 - 20%
  • Round 5 - 50%

概要

Typeriumのプラットフォームは、イーサリアムブロックチェーンとスマートコントラクト機能を活用して、普遍的な分散型の信頼と評判システムを構築します。これにより、取引を行う際に各当事者に詳細な情報を提供し、詐欺を減らし、紛争を解決しやすくします。これに加えて、Typeriumは最新の技術開発を活用してシームレスに統合されたモバイル決済ソリューションを提供します。    Typeriumのアプリケーションはまた、クリエイターの生活に多くの改善をもたらします。直観的なデザインソフトウェアにより、視覚的に見事な作品を作成することが容易になります。また、ユーザーがコンテンツを購入して販売できる独自の市場もあります。また、IP盗難を防ぐために、クリエイターがイーサリアムブロックチェーンに知的財産権を登録することも許可します。    Typerium Creative Marketplaceは、独自のウォレットと通貨であるTYPEトークンを使用し、信頼と評判システム、および前述の統合モバイル決済ソリューションを備えています。時間が経つにつれて、これらのシステムは第三者の小売業者にも拡張され、Typeriumシステムの使用に起因する機能の向上とコストの削減が可能になります。    Typeriumは、1.5%の取引手数料を課すことで業務を支援します。これは、現在商人が支払っている分よりもはるかに少ないです。この手数料の3分の1は報酬プールの一部としてTyperiumの生態系全体に再分配されます。    Typeriumサービスのマーケティング戦略には、ネットワーク効果を最大限に活用し、Typeriumがパートナーシップ・システムを通じてできるだけ多くの店舗で利用できるようにすることが含まれます。

チーム すべてを見る

Alexander Haigh
Alexander Haigh
Chief Executive Officer
Shahpour Abbasvand
Shahpour Abbasvand
VP of Design & Development
Ali Kurtze
Ali Kurtze
Blockchain Team Leader
Rick Banks
Rick Banks
Brand Design Lead
Dean Robinson
Dean Robinson
Community Manager
Jonathan Davoine
Jonathan Davoine
PR & Investor Relations

人気STO/ICO記事

  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)