Qravityは、制作者が自分の作品を所有し、利益を得ている分散型のコンテンツ制作・流通プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
QCO
開始日時
2018-07-02
終了日時
2018-09-05
初回価格
1 QCO = 0.0002 ETH
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Qravity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale, July 2, 2018 - 30%
  • Round 1, July 17, 2018 - 25%
  • Round 2, July 27, 2018 - 20%
  • Round 3, Aug. 6, 2018 - 15%
  • Round 4, Aug. 16, 2018 - 10%
  • Round 5, Aug. 26, 2018 - 5%

概要

Qravityは、映画、音楽、ゲーム、電子書籍、アプリケーションなど、元の収益性の高いデジタルコンテンツを創造的なビジョンを持つ人々が共同で開発するためのスペースを提供します。このプラットフォームは、Ethereumブロックチェーン上のバーチャルトークンを使用してデジタルコンテンツの作成を追跡し、クリエイティブチームメンバー間でプロジェクトステークを配布し、Qravity製のコンテンツを市場に直接持ち込む。 Blockchainテクノロジは、収益、製品流通、利益分配の面でプラットフォームの取引を透明にします。    一般に、Qravityは、生産者やクリエイターが消費者が欲しがる独特なコンテンツを想像し、開発し、配布する際に、共同作業を改善し、障害を取り除きます。

Qravityプラットフォームは、アセットの制作と承認、ファイル共有、コミュニティーとチームのコミュニケーションのためのメッセージングを含む、統合されたプロジェクト管理ツールを備えた分散型のデジタルコンテンツ開発および配布プラットフォームです。プロジェクトチームのメンバーは、その役割に従ってこれらの機能を使用します。たとえば、創始者はプラットフォームを使用してクリエイティブチームを指揮することができますが、クリエイターは自分の進歩とステークを追跡できます。プロジェクトが完了すると、Qravityはコンテンツを市場に持ち込み、プラットフォームを通じて消費可能にし、販売代理店に権利を販売し、アプリストアやストリーミングサービスなどの第三者のデジタルマーケットプレイスを通じて直接販売します。

チーム すべてを見る

Reinhard David Brandstaetter
Reinhard David Brandstaetter
CEO & Founder
Christian Sascha Dennstedt
Christian Sascha Dennstedt
CFO & Founder
Bryan W. Hollmann
Bryan W. Hollmann
Legal Advisor
Andreas Petersson
Andreas Petersson
Smart Contract Advisor, Security Infrastructure - Capacity
Franz Eige
Franz Eige
Business Advisor, Project Manager - Capacity
Christopher Barber
Christopher Barber
Economy Consultant & Blockchain Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka